笑顔は世界共通の心の言葉、英会話で相手を笑顔にしよう!

まだ英語を上手く話せない時は

何かひと言でも英語で話そうとするだけで

精一杯!という感じになりますよね。

 

 

自分が口に出す英語を考えるだけで

頭が一杯一杯の状態になるわけで、

そんな時に相手のことなんていちいち

考えていられないかもしれません^^;

 

 

しかし、もしあなたが少しずつ英語を

話すことに慣れてきたら…ぜひ、相手

(おそらくは外国人)を「笑顔」にすること

を心掛けるようにして下さい。実は、

これが重要な英会話の秘訣なのです。

 

 

英会話といえば英語で会話することであって、

要するに英語を使って意思の疎通さえ出来れば

いい…と考える人は多いですが、それだけでは

やはり味気ないものです。

 

 

もちろん、あなたが本当にビジネス上の、

必要最低限の英語のコミュニケーションが

出来るようになるだけで十分!というので

あれば話は別ですが…。

 

 

しかし、ビジネスであっても相手を笑顔に

することはとても大切です。なぜなら、

人と人とのコミュニケーションというのは、

「感情」があって初めて成り立つものだから、

です。

 

 

相手を笑顔にすることが出来れば、

商談だって、プレゼンだってきっと上手く

いくでしょう。なぜなら、皆「人間」だから

です。皆「感情」で生きているからです。

 

 

では、どうすれば相手を笑顔にすることが

出来るでしょうか?その為には以下の3つの

ルールだけを押さえると良いです:

1.相手を褒めること。

2.相手の話を優先すること。

3.自分の失敗談を面白おかしく話すこと。

 

 

人は誰でも「褒められたい」ものです。

褒められて怒り出す人はまずいないでしょう^^

相手の考え方、言動・行動、ファッション、

髪型、持ち物…何でも構いません。相手を

褒めて笑顔にしましょう。

 

 

そして相手の話を優先するようにして下さい。

人は誰でも自分の話を聞いて欲しいのです。

そして、それに関してあなたのコメントを

求めているのです。それだけで会話がグッと

盛り上がります。

 

 

それから、もしあなたが自分の話をしたい

と思った時は、自慢話は厳禁です。他人の

自慢話を聞きたいという人はこの世には

いないからです。

 

 

自分が話す時には、自慢話ではなく、自分の

失敗談を面白おかしく話すと良いです。

ここで注意したいのは、失敗談といっても

取り返しのつかない過失とか、相手が聞いて

「引いてしまう」ような話はダメですよ。

 

 

本人も大笑い出来るような、面白い失敗談を

人は聞きたがるものです。特に大笑い出来る

他人の失敗談、しくじり話は誰もが聞きたいと

思います(そういえば「しくじり先生」なんて

番組が流行っているのも、そんなことが理由

なのかも知れません)。

 

 

ぜひ、上記のルールを押さえて、英会話の時に

相手を「笑顔」にしてあげて下さい。絶対に

英会話が盛り上がるはずです!

 

 

追伸:

英会話で相手を笑顔にしたい?

それなら、今夜締切のこのプログラムで

あなたの英語の「お笑いセンス」を磨きましょう!

残り4時間ちょっとで完全に締切です~:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/laughing-english-course/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ