英語で相手を笑わせたらこっちのもの!~英会話上達の秘訣

昨日の「英会話上達の秘訣」は

「挨拶するか・しないか」というテーマで

お話をさせて頂きました。

 

 

今日のテーマは「笑い」です。

どういうわけか、英語圏の人々は

ジョークが大好きです。本当にちょっとした

会話でも必ずジョークを飛ばします。

 

 

それが、一つの常識というか、

社交辞令的な要素になっているのかも

知れませんが、ちょっとした時に

気の利いた面白いことをぺラッと話すのです。

 

 

一方で、日本人はどうしても真面目

というか、あまり冗談を言う人が少ないです。

もしかすると、ジョークなんか言うと

相手に対して失礼なんじゃないか?と

考える人が多いのかも知れません。

 

 

英会話ではそんな心配をする必要はなく、

どんどんジョークを飛ばし、面白いことを

言って互いに大笑いすれば良いのです。

 

 

私がこの事実に気付いたのは、アメリカ

留学時代のことです。自分の失敗談を

たどたどしい英語で、身振り手振り交えて

話したところ、アメリカ人の友達に大爆笑

されたのがものすごい快感だったのです(笑)

 

 

ただ英語が通じた…というだけでなく、

その根底にある「気持ち」が通じたという

感じでしょうか。ああ、「笑い」って

世界共通なんだなぁ…と思いました。

 

 

しかも、一度相手を笑わせると、

英会話の「主導権」を握ることが出来ます。

英会話の主導権の話については、また別の

機会で詳しくお話ししますが、この主導権を

握ることが出来ると英会話がとてもラクに

なります。こっちのペースで会話を進める

ことが出来るようになるということですね。

 

 

さらに「笑い」のすごいことは、

英語学習自体を楽しくしてくれることです。

多くの日本人英語学習者が難しい文法書や

問題集などをしかめっ面で読みながら勉強

しているわけですが、あまりそういう「修行」

のような学習を続けていても英語力って

身につかないんですよね。

 

 

それより、お笑いとか、コメディとか、

ジョーク、笑い話、ドッキリ、失敗談等々

「笑い」の要素を英語の学習に取り入れると

驚くほど英語力が伸びるものです。これは、

実際に試してみるとすぐにわかります。

ぜひ、あなたの英会話、そして英語学習に

「笑い」の要素を取り入れてみて下さい。

 

 

追伸:

でも、どうやって「笑い」の要素を英語学習に

取り入れればいいのかわからない?それなら、

最高のプログラムがあります!今日から先着10名

限定で5000円割引で受講することが出来ますから、

もしご関心のある方はぜひ以下のページをチェック

してみて下さい。

面白い英文や動画も紹介しています!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/laughing-english-course/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ