英語の語句・表現との出会いは一期一会、だから…

 

先日のメルマガで、日本人は

インプット(英語の読み・聴き取り)の

練習ばかりして、アウトプット(話し・書き)

のトレーニングをあまり積極的に行おうとしない…

とお伝えしました。

 

 

確かにインプットのトレーニングは、

一人で黙々と出来るので、実際やりやすい

学習であると言えます。ただ読んだり、

聴き取ったりしていれば良いだけですからね。

 

 

しかし、それだけで終わらせるのはとても

もったいない。なぜなら、インプットの

トレーニングではたくさんの、あなたが知らない

語句や表現と出会うことが出来るからです。

 

 

「一期一会」という言葉があります。

これは茶道に由来する言葉で、一生に一度きりの

出会いを大切にすべき…という意味の諺ですね。

 

 

もちろん、英語の語句や表現とは、一生に

何度も出くわしますが、重要なことは

最初に出会った時が「チャンス」ということです。

その時にしっかりと抽出して、覚える工夫をする

ということが大事なんですね。

 

 

例えば、先日 YouTube で洋楽を聴いていたら、

"Takes me back to my childhood" という

コメントを見かけました。要するに、その曲を

聴いたら、自分の子供の頃に引き戻された

(思い出した)…という意味ですが、何だか

とっても粋な表現に感じませんか?

 

 

このように日常生活の中で、英語と触れ合い、

英語を読んだり、聴き取ったりというインプットの

練習をしている上で新しい英語の語句や表現と

出会ったら、すかさずそれをノートなどに書き留めて

おくということです。

 

 

そして、それを決してそのままにしておかず、

今度は「自分の表現」の中に取り入れてみるのです。

日記に書いてみるのも良いでしょう。SNS で

英文を投稿してみるのも良いでしょう。あるいは、

実際の英会話で口に出してみるのもお薦めです。

 

 

そのように、インプットしたら必ずアウトプット

することがとても大切で、このインプットと

アウトプットのサイクルによって、英語力というのは

どんどん向上していくのです。

 

 

どうか、英語を読んだり、聴き取ったりする上で

新しい英語の語句・表現と出会うことがあれば、

その出会いを「一期一会」のように大切にし、

積極的にあなたの表現に取り入れてみて下さい。

必ずあなたの英語力は上達するはずです。

 

 

追伸:

そんな「一期一会」の英語の語句・表現との

出会いをどんどんあなたの表現に組み込んでいく

スピーキング力UP専用の添削講座です。

残り4時間ちょいで締切ですから、ぜひ最後の

チャンスをお見逃しなく!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/speaking-winter2017/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ