あなたの英語学習、バランスがうまく取れていますか?

日本人の英語学習者はインプットばかりやって

あまりアウトプットを実践しない傾向があると

よく言われます。確かにそうかも知れません。

 

インプットというのは、要するに英語の

読み(リーディング)や聴き取り(リスニング)

のことですね。そして、アウトプットというのは

話し(スピーキング)や書き(ライティング)の

ことです。

 

例えば英語の勉強をやろうということになって、

英文を読んでみたり、あるいはリスニングの

教材を買って英語の聴き取りの練習をする人は

たくさんいます。

 

しかし、自らすすんで「英語を話す」具体的な

トレーニングを実践したり、積極的に「英文を

書いたり」といった練習をする人は意外と少ない

のです。

 

食事でも、野菜やお肉、穀物類などをバランス

よく摂ることが健康維持の基本ではありますが、

英語の習得においても、これらインプットと

アウトプットのバランスというのはとても大切

です。

 

理想としては、英語を読んだり、聴き取ったり

して、「面白い内容だな」とか「この語句・

表現はカッコいいから使ってみたいな」とか

思ったら、すかさずそれらの内容や語句・表現を

参考にアウトプットの練習を行うということです。

 

具体的には、自分の興味・関心のあることを

テーマに英語を書いてみたり、ブログやSNS等に

英語で投稿してみるのも良いですね。日記を書く

のもお薦めですし、とにかく自分が読んだり

聞いたりしたこと(インプットしたこと)を元に

英語で表現してみる(アウトプットする)という

ことが大事なのです。

 

気になる語句や表現があれば、それを自分の

英語表現に組み込んで、実際の英会話で積極的に

使ってみる。こういうことをやれば、インプットと

アウトプットのバランスがきちんと取れます。

英語学習の正のサイクルに入って、これを

グルングルン回すと、驚く程英語力を向上させる

ことが出来るのです。

 

しかし、残念ながら多くの日本人英語学習者は

英語を読んだり、聴き取ったりというインプット

のトレーニングばかり実践して、なかなか

アウトプットの練習を行おうとしません。

 

その理由は、インプットの練習は一人でも

出来るのですが、アウトプットは一人でなかなか

実践出来ないからです。スピーキングなら相手が、

ライティングなら添削してもらう先生が必要と

いうわけです。

 

しかし、だからと言って、ずっとインプット

ばかりやっていても英語力は上達しません。

この辺りは工夫が必要になりますが、あなたが

総合的な英語力を着実に伸ばしたいとお考えであれば、

必ずアウトプットのトレーニングも行うように

して下さい。とても大事なことなのです。

 

 

追伸:

そんなアウトプットのトレーニングで、

特にライティングの添削というのはなかなか

先生が見つからないものです。そこで、こんな

画期的なコースをご用意致しました。もし

宜しければ、ぜひこの機会に一緒にやってみませんか?

↓↓↓
http://www.loftypub.com/speaking-winter2017/

* PayPal決済で問題があればお知らせ下さい。

このため、残り数が正しく表示されていませんが、

まだ募集中です。お申込みはお早目にどうぞ~。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ