あ、この英語表現聞いたことがある!という瞬間をどんどん増やそう

今、英語の聴き取りの練習を毎日

実践されている方からすれば、

一体どういう感じでリスニング力って

身につくのかなぁ~?と疑問に感じる

かも知れませんね。

 

実際、そういうご質問を頂くことも

多いわけですが、、、

 

他のスキル(スピーキング等)と

比較すると、やはりリスニング力

というのは、毎日続けて徐々に身につく

というイメージが強いです。

 

具体的には、ある英語の「音」が

聴き取れるようになったとして、

その「音」が他の英語の音声でも

聴き取れた時に「あ、これはどこかで

聴いたことがある語句・表現だな」と

気付くことがあります。

 

それは英語の慣用的な語句や表現の

まとまりだったり、英語特有の発音や

アクセントであったりするわけですが、

そうやって自分が認識出来る英語の

要素をどんどん増やすことが、つまり

リスニングのトレーニングというわけ

です。

 

これは英語だけに限らず、日本語でも

同じことが言えます。幼児が大人との

会話や幼稚園・保育園などで耳にする

先生の言葉、あるいはテレビの音などから、

よく耳にするパターン(音の要素)を覚え、

それが繰り返し耳に入って来ることで

徐々に「意味」と結び付けて認識出来る

ようになるわけですね。

 

そのためには、出来るだけ多くの時間

聴き取れるようになりたい言葉を

耳に入れる必要があります。

 

しかし、残念なことに、多くの英語学習者は

英語のリスニングの絶対量が足りていません。

もちろん、毎日お仕事とか、家事とか

育児とかで忙しくて…というケースも

多いでしょう。

 

ただ、今はどこでもネットに接続出来れば

YouTube の動画を視聴することが出来ます。

そして、YouTube にはリスニングの練習に

最適な英語動画がたくさんアップされています。

 

こんなのをとにかくひたすら、大量に

耳に入れていれば、必ずリスニング力は

身につくはずです。

 

え?でももう実践しているのになかなか

リスニング力が上達しないって?

うーん、その場合は、、、

もしかすると「聴き取りの手順」が間違って

いるのかも知れません。

 

 

以下のページで詳しくその手順について

詳しく解説していますから、無料レポートと

動画セミナーと併せて、この機会にしっかりと

チェックしておきましょう。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/youtube-listening-2017/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年1月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ