簡単に出来るこんなアウトプット術

今日はアウトプット・トレーニングのお話。

英語のアウトプット・トレーニングと聞くと、やはりスピーキングの練習を思い浮かべますよね。英会話教室やスクール、またはネイティブとのプライベートな会話など、色々と手段はあると思いますが…。

日本にいると、その他のトレーニングは比較的簡単に出来ます。

リスニングはiPodで英会話の音声を聴くことが出来るし、リーディングは今の世の中いくらでも英文を手に入れることが出来ますから、何も苦労せずトレーニングを行うことが出来ます。

ライティングも、添削という部分だけ目をつぶれば、書くことだけなら練習できるわけです。

しかしスピーキングとなると、どうしても相手が必要ですよね。

とは言うものの、その相手にやけに「お金」がかかるのです(^^; まぁ、相手も見ず知らずの人の「話し相手」になってくれるわけですから、それ相当の金銭を要求するのも、当然と言えば当然ですけれどね(^^;

ただ、実はこんな簡単な方法でアウトプットの練習が出来てしまうんです。

その方法とは…

「ひ・と・り・ご・と」

はい。別に変なことを勧めているわけではありません(^^;
独り言は立派なスピーキング・トレーニングなんですよ。私もやっています(なるべく近くに人がいないことを確認して、ですが^^;)

あなたもそうだと思いますが、一人でいる時は、結構頭の中で「独り言」を言っていませんか?要はそれを「英語」で、さらに「口に出して」やるのです。

一人で食事をしていて、「このカラアゲ美味いな」とか、「あービールが欲しい」とか、そんなので構いませんから英語で表現してみます。わからなければ、辞書を調べてみましょう。そういう「わからない!」という時こそが「学び時」なのです。とても貴重な時間ですよ。

その他、日常生活に出てくる言葉をすべて「英語」に変換して「独り言」を言ってみるのです。これが意外に効果があって、癖にしていると先に英語が出るようになってきます。

そして、このような日常的な行動に無意識に伴って出てくる英語というのは、既にあなたの脳に定着した英語の表現となりますから、とっさにポロッと出てくるようになるわけです。

これ、本当に効果がありますから、早速明日から実践してみて下さいね!
ではまた明日~

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ