よくわからないという状態で英語学習を続けない方が良いです

 

「何だかよくわからない…」

という状態で英語の学習を続けていませんか?

 

何だかよくわからないけれど、

とりあえず英単語を覚えてみよう…。

何だかよくわからないけれど、

とりあえずリスニングの練習をしてみよう…。

 

もちろん、単語の暗記もリスニングの

練習もやらないよりはマシです。やれば、

語彙力が身につき、またリスニング力も

向上するでしょう。

 

しかし、問題は自分の現在の位置がよく

分からず、何だかよくわからないけれど、

とりあえず何かやっとけばいっか…という

甚だ「テキトー」な考えで英語の学習を続けて

いても、なかなかゴールには辿り着きません。

 

今あなたが自分の英語力を客観的に把握して、

これから「英語を話し、聴き取れるようになるため」

にやるべきことや勉強・トレーニングの方向性

などをしっかりと理解しているのであれば話は

別ですが、、、

 

多くのケースで、今どんな英語の学習をすれば

良いのか?これからどんな勉強やトレーニングを

実践すれば良いのか?まったく分かっていません。

だから、「とりあえずやってみるか…」という

いい加減なスタンスで英語の勉強(らしいこと)

を続けてしまいます。

 

 

そして、毎年この時期になって、

「やっぱり今年も英語を話せるようにならなかった」

「やっぱり今年も聴き取れるようにならなかった」と

肩を落とします。

 

 

ここが重要な所なので、よく知っておいて

頂きたいのですが、英語をペラペラと話せるように

なっているバイリンガルの日本人の多くは、

何年も勉強やトレーニングをダラダラと続けて

英語を話せるようになっているのではありません。

 

 

英語を話せるようになっている人、

聴き取れるようになっている人というのは、

早ければ3ヶ月とか、遅くとも6ヶ月といった

短期間でブレークスルーを体験しています。

 

 

それは「あ、私今、英語を話しちゃっているな」

とか「お、今俺、英語が聴き取れているな」といった

嬉しい実感です。こういった体験をどんどん経験して、

英語を話したり聴き取れたり出来るようになる

ということですね。

 

 

しかし残念なことに、多くの英語学習者が

もう何年も「何だかいつまで経っても話せるように

ならないなー」とか「どうしていつまで経っても

聴き取れるようにならないんだろう…」と嘆き続けて

います。

 

 

それは、ハッキリ言ってしまえば、やり方が

完全に間違っているから、ということです。

勉強やトレーニングの方法、プロセス、順番が

要はメチャクチャだ!ということです。

 

 

ではどうすれば良いのでしょうか?その答えは

もうあなたも既に100%分かっていらっしゃる

はずです。そうです、英語を話せるようになる方法、

英語を聴き取れるようになる方法というプロセス、

英語習得の全体図をまず初めに手に入れないと

どうにもならないということですね。

 

 

そして、そのノウハウの部分と実際の英語学習の

実践の部分の「ガイドとナビゲーション」を

一手に引き受けるのが、今回の新プログラムという

ことです。

 

本気で来年2017年こそ英語をしっかり話せるように、

聴き取れるようになりたい方だけお待ちしています!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/180days-master-english/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年12月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ