私が英語を話せるようになった頃の最初の兆候とは?

今日は、私が英語を話せるようになった

「最初の兆候」についてお話ししましょう。

 

 

最初の兆候なんていうと変ですが、要は

こんな感じで英語が話せるようになった…

という最初の「手ごたえ」の話です。

 

 

既にメルマガで何度もお話ししていますので、

おそらく大半の方がご存知かと思いますが、

私は元々、英語がとても苦手でした。

 

 

中学、高校と英語の成績は本当にヒドイ

もので、英語の授業と聞けばいつも

逃げ回っていた覚えがあります。

 

 

そんな私ですから、英語が得意な人や

英語の勉強が出来る秀才とは全く異なる

アプローチで英語力を身につけました。

 

 

簡単に言えば、文法のような理論ではなく、

いきなり実践的な英語に触れて、それを

丸ごと覚える…という「現場叩き上げ」の

やり方で英語力を身につけたということです。

 

 

そんな粗削りな英語習得アプローチを

実践してきた私が、英語が全く話せなかった

時代に確かな「手ごたえ」を感じたことが

あります。

 

 

それこそが「最初の兆候」というわけですが、

それは何かというと、ネイティブ・スピーカーが

使っている英語の慣用的な語句や表現を真似しては、

それをチョコチョコッとアレンジし、再び彼らに

投げ掛けるということをして得た時の彼らの

「反応の違い」です。

 

 

なぜ、そんなことで「手ごたえ」を感じた

のかというと、元々英文法等、英語の教科書的

知識がまったくない「バカ」でしたので(笑)

自分で考え付いた英語(自分の力で一から

組み立てた英語)では全く通じなかったのです。

 

 

しかし、ネイティブが使っている英語を

そのまま真似して投げ掛けてみると、ものの見事に

アメリカ人たちが反応してくれるわけです。

これは気持ち良かったですし、何より英会話が

本当に楽しくなりました。

 

 

もちろん、英文法や英語の勉強が得意という人は、

そんな粗削りなアプローチを取らなくても良いかと

思いますが、もしあなたが英文法等、勉強が苦手で、

より簡単な方法で英語を話せるようになりたいと

思われるのであれば、ぜひ私が実践したやり方を

真似してみて下さい。

 

 

文法等は後回しで構わないので、とにかく

ネイティブ・スピーカーが使っている語句や表現を

丸ごとパクって、それをちょっとだけ自分流に

アレンジして、あとは英会話の時などにドンドン

投げ掛けてみる(実験してみる)ということです。

 

 

しかし、どうやってネイティブ・スピーカーが

使っている語句や表現を知ればいいのかって?

 

…それなら、今ちょうどワケありキャンペーンを

やっているこちらのプログラムで、楽しく笑いながら

たくさんの英会話表現を覚えることが出来ますので

試してみたら如何でしょうか?

↓↓↓
http://www.loftypub.com/dora-sazae-english/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年12月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ