英語で「ヘダオナ」ってどういう意味か分かりますか?

最近の日本の子供たちは

おそろしく素晴らしい発音で英語を

話せるようになっているようです。

 

勿論それは、最近の幼児・子供向けの

英語教育のやり方が大きく変わってきて、

「音的な要素」を積極的に取り入れた

より実践的な英語学習のプロセスが功を

奏しているとも言えるわけですが…。

 

実際のところ、言葉を覚える時には

誰もが最初は「音」から入るわけで、

「意味」や「文法」は二の次で、とりあえず

英語の音を身につける…というアプローチは

まさに理にかなった言葉の学び方なのです。

 

よく大人になってから英語を学ぶ場合は

「音」から入っても意味が無いと言われますが、

私はそんなことは決してないと思います。

 

 

むしろ、大人こそ英語の理論や文法ではなく、

もっと感覚的な「音的要素」から入ると

より自然に英語力を身につけられるのでは

ないかと考えます(特に発音とリスニング力!)。

 

 

発音の良い日本人の子供たちの英語を

聞いていると、完全に単語のスペルを無視して、

まさに聞こえるがままに発音していることが

わかります。

 

 

しかし、大人はどうしても恥ずかしさや

テレがあったりして、英語を聞こえたままに

発音する…ということが出来ない人が多い

ようです。

 

 

例えば先日も、リスニングと発音を劇的に

改善出来る洋楽の英語講座で以下の曲を扱い

ました。

Steppenwolf – Born To Be Wild

https://www.youtube.com/watch?v=rMbATaj7Il8

* 音が出ます、注意して下さい。

 

 

唄い出しのフレーズに、、、

Get your motor runnin’

「エンジンをかけて」

Head out on the highway

「ハイウェイを目指せ」

Lookin’ for adventure

「冒険しに行くんだ」

And whatever comes our way

「俺らの行く手に何が起ころうと」

…というのがあります。

 

 

ここで、発音の話になりますが、

Get your motor runnin’ は

「ゲット・ユア・モーター・ランニング」

ではなく「ゲッチュモゥラ・ゥラーニン」

という感じに聞こえます。

 

Head out on the highway も

「ヘッド・アウト・オン・ザ・ハイウェイ」

ではなく「ヘダオナ・ハイウェイ」という

感じになるのです(ヘダロナのようにも

聞こえるかも…)。

 

 

「ヘッド・アウト・オン・ザ」が

「ヘダオナ」ですからね。英語ってすごいと

思いませんか(笑)Lookin’ for adventure

も「ルッキング・フォー・アドベンチャー」

なんて発音していたら日が暮れちゃいます。

「ルッキンフォア・ヴェンチャ」という感じ。

 

で、こういうのは、もう聞こえたままに

音を丸ごと覚えてしまって、それを何度も

口に出すようにします。すると、不思議なことに

英会話の時に同じ音を聞いた時に、それが

何を言っているのかパッと瞬時に理解出来る

ようになるのです。

 

多くの英語学習者が、英語を理論とか文法で

堅苦しく捉えようとして失敗するわけですが、

まずはこのように英語の「音」を感覚的に

丸ごと捉えてしまうと良いのです。意味とか

文法は後から自然とわかるようになるので、

心配は要りません。

 

 

ぜひ、あなたも最近の日本の子供たちのように

純粋で素直な心をもって、楽しく英語と接する

ようにしてみて下さい。絶対に発音が改善して

リスニング力も身につきますよ!

 

 

 

追伸:

とにかく英語の発音を改善して、

リスニング力をググーン!と向上させたいのなら、

このプログラムをお勧めします。今年最後の

参加チャンス!プレゼント特典は残り6名のみ。

今すぐどうぞ~ Get your motor runnin’ ♪

↓↓↓
http://www.loftypub.com/yogaku-listening-up/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ