本当に話せるようになるのかなぁ…と疑心暗鬼になる前に

英語の学習を進めているうちに、

何だか難しいなぁとか、本当にこんな勉強を

続けていて英語が話せるようになるのかなぁ…と

疑心暗鬼になることがあると思います。

 

 

他にも、外国人と英語で話していて、

どうしても自分の現在の英語力ではこれ以上の

コミュニケーションが難しい…と「頭打ち感」を

抱かれている方もいらっしゃることでしょう。

 

 

先日のメルマガでもお話ししましたが、

そんな時には「初心に戻る」ことが、意外と

効果的であったりします。英語で言えば

Back to Basics、「基本に立ち返れ」という

この言葉は、何事でも行き詰った時に有効な

考え方と言えます。

 

 

もしあなたが、この辺りで一度英語学習を

仕切り直して、もう一度最初から「基礎・基本」を

学び直してみようかな…復習してみようかな…と

お考えであれば最適のプログラムがあります。

 

 

現在のところ、第一期生は「時制」を

徹底的に復習している段階で、今日も先ほど

Unit 16: Past Perfect Continuous

(I had been doing)「過去完了進行形」を

じっくりと勉強しました。

 

 

やはり、ネイティブ・スピーカーの

解説による文法の学習なので「なるほどねー」と

納得しながら理解出来る点が一番ですね。

こういうのは英語で勉強するのがベストなのです。

 

 

なお、冒頭でもお話ししましたが、

ワケあり教本のキャンペーンを実施中です。

全部で十数冊ありましたが、残りは4冊のみと

なってしまいました。

 

 

少しでも安くやってみたい!

ちょっとした教本の折れや傷なら気にしないよ!

という方であれば、ぜひ今すぐ以下よりご参加

下さい。お待ちしています^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic/

* もちろん、新品でのお申込みも可能です。

気にされる方は新品でお申込み下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年11月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ