リスニングのコツ「かいつまんで…」とは一体何か?

私が通訳の仕事を始めた頃、

色々なことを手取り足取り教えてくれた

ベテラン通訳者のお姉さん(大先輩)

がいました。

 

 

もう、今は結構いい歳ですが(笑)

まだ現役バリバリで頑張っている

そうです。

 

 

その姉さん先輩通訳者の口癖が、

「かいつまんで言うと…」というもの

でした。外国人が話す英語を聞いて、

それを日本人に伝える時に

「かいつまんで言うとですね…」と、

前置きをするのです。

 

 

この「かいつまんで言うと」

という言い方が、とてもカッコよく

聞こえて、私も真似したことが

ありますが、他の通訳者にそれは

言わない方がいいと言われました(笑)

 

 

まぁ、その是非はともかく、この

「かいつまんで」という言葉は、

「要点をまとめると…」とか、

「大事な所だけ言うと…」といった

意味があるわけです。

 

 

で、私はこの「かいつまんで…」

という言葉こそ、英語のリスニングの

上達のキーワードなのではないかと

思うのです。

 

もっと言えば、この「かいつまんで言う」

ということが出来る人は、おそらく

英語のリスニングがとても上手です。

要は、「要約上手」ということですね。

 

 

英語のリスニングというと、どうしても

細かく厳密に聴き取れないと気が済まない

という人が多いですが、先に夢を壊す

ようなことを言って申し訳ないのですが、

そういう聴き取り方をいくら続けていても

残念ながら英語は聞き取れるようには

ならないのです。

 

そうではなく、英語を聞き取る時は、

英語の音声に近付き過ぎず、一歩下がって

全体を見据えるように聴き取るように

します。そして、まさに要点・大切なポイント

だけを「かいつまんで」聴き取るように

するのがコツなのです。

 

あなたは日本語であっても、他人が話している

内容の要点を「かいつまんで」まとめることが

出来ますか?英語リスニングの上達のコツは、

まさに「かいつまんで」理解出来るかどうか、

という点にあります。

 

 

そして、その「かいつまんで」理解する

技術、スキルを楽しみながらしっかりと

体得できるのが、本日受講生の募集が締切と

なるこちらのプログラムというわけです:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/youtube-listening-course/

 

 

あと数時間で完全に終了です。

年内はもう募集はありませんし、来年も

どうなるかは未定ですので、ぜひこの最後の

機会に奮ってご参加下さい!お待ちしています~。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年11月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ