英語が話せないのは、英語以前にこんな問題があるのかも

これはもう本当にいつもお話ししていること

ではありますが、「英語がうまく話せない~」と

悩まれている方に限って「英語で何を話したい

のですか?」と尋ねると急に黙ってしまうものです。

 

 

つまり、「英語が話せるようになりたい!」と

切望されている割には、自分自身が話したいと

思うことについては、あまりよくわかっていない…

ということですね。

 

 

当然の話ですが、あなたが自分で話したいことを

あなた自身が明確に把握していなければ、それを

口に出すことは難しいです。それは、別に英語に

限った話ではなく、日本語であっても話したいことが

何だかわからなければ、当然ながら話せるわけが

ないのです。

 

 

例えば、What’s your favorite word?

「あなたの好きな言葉は何ですか?」

なんていう英語の質問に対して、パッと

答えることが出来る日本人は意外と少ないです。

 

 

それは英語力が不足しているから…というよりは、

むしろ普段の生活で「自分の好きな言葉」を

意識している人が少ないからです。仮に日本語で

「あなたの好きな言葉は?」と言われて、

あなたはその場でパッと答えられるでしょうか。

 

 

こんな例はたくさんあって、好きな映画は?とか

好きな本は?とか、まぁ、もちろん普段から

そんなことを意識している人、あるいは質問を想定

している人にとっては簡単かも知れませんが、

そうでない大多数の人にとって、このような質問は

意外と答えるのが難しいものです。

 

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

英単語を覚えれば良い?英文法の勉強をする?

いえいえ、既にお話ししたように、これは

英語力の問題ではないのです。英語力ではなく、

あなたの会話力、あるいは表現力の問題ということ

ですね。もっと言えば「準備力」の問題とも言えます。

 

 

英語をペラペラと話せる人は、確かに英語力も

高いかも知れません。しかし、それ以前に、

普段から色々なことを考え、相手から受けるであろう

定番の質問への返答を想定し、準備しているという

ことです。

 

 

こういうのは純粋な英語力ではなく、もっと

単純なコミュニケーション力とか表現力の問題である

ということですね。そこに気付くことが出来ると、

「英語がなかなか話せるようにならない!」という

悩みの解決の糸口が見えてくるような気がしませんか?

 

 

追伸:

というわけで、講師歴7年のベテラン

加藤先生の無料プレゼントは今夜中に

貰っといて下さいねー。何と言っても「ロハ」

つまり「タダ」ですから~

↓↓↓
http://bit.ly/2fgD6DG

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年11月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ