なんだかんだで日頃から英語と接している人が強い理由

先日ウェブ上で「5秒で英語ペラペラになる方法」

という広告を見かけましたが、さすがにこれは

ヒドイんじゃないかと思いました^^;

 

 

まぁ、英語は出来るだけ短期間で

マスター出来るに越したことはありませんが、

それでも5秒って…(笑)

 

 

これまで多くの英語学習者が英語力を

身につける例を目の当たりにしてきましたが、

やはり現実的には数か月~半年程度あたりの

勉強・トレーニング継続が妥当な線と言える

のではないでしょうか。

 

 

逆に言えば1年以上とか、もう何年も勉強

してるけどサッパリ話せない、聴き取れない

というのは、やはり勉強の仕方なり、

トレーニングのやり方なりに問題があると

考えた方がいいです。

 

 

で、これは期間は関係ないんですが、

やはり何だかんだ言って、「毎日英語と

触れ合う機会を設けています」という人が

一番英語力を身につけています。これは

例外なく、本当にそうです。

 

 

別に一日に十時間とか勉強しろと言って

いるわけでなはなく、本当にスキマ時間でも、

お風呂に入っている時でも、寝る前のひと時でも、

あるいは最近な朝活をやっている人も多いので

朝のちょっとした時間で構わないので、

毎日何らかの形で英語と関わる機会を積極的に

設けるということですね。

 

 

それは何故かというと、あなたの脳に

「英語の必要性」を認識させるためです。

毎日何らかの形で、短時間でも良いので

英語と触れる機会を設けていると、脳の方が

「英語を必要としている」と認識するんです。

 

 

この「必要性」の認識がとても大事で、

例えばせっかく英語を話せるようになった人、

聴き取れるようになった人も、ほんの少し

英語から離れているだけで急激に英語力が低下

することがあります。

 

 

それは、脳が「英語の必要性」を認識しなく

なったから。「もう英語必要ないんじゃね?」

と、勝手に英語力を削除してしまうというわけ

ですね。

 

 

だから、常にあなたの脳に「英語は必要だよ!」

ということを認識してもらうために、毎日

何らかの形で英語と触れ合う機会を設けることが

大切ということなのです。

 

 

 

追伸:

んでもって、以下のプログラムが

あなたが毎日英語と触れ合うにはピッタリの

総合英語習得メール講座です。あと数時間で

キャンペーンは全て終了となりますので、

この機会にぜひご参加下さい。

↓↓↓
http://www.line-master.jp/mainichi-eigojuku/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ