ふと気づくと「英語」で映画を観ている自分がいます…

 

最近は本当に忙しくて、映画館にも

なかなか行けないのですが、先日夜中に

なかなか寝付けず、自宅のリビングで

一人で映画を観ました。

 

ちょっと前なら、家で映画や海外ドラマを

観る時にはDVDを借りに行かなければなりません

でしたが、今は状況が随分変わり、ネット配信で

何でも観られるので便利ですね。

 

 

職業柄、よく尋ねられるのが、

「渡邉さんは映画を観る時、英語で観て

いるんですか?それとも日本語で観ている

んですか?」ということ。

 

 

意外かも知れませんが、通訳の仕事を

しているからと言って、必ずしも英語で

映画を観るとは限らず(笑)、一般の人と

同じように日本語の字幕を見ていることが

多かったです。

 

 

多かったです…というのは、ちょっと

意味がありまして、実は最近になって

映画を観る時に完全に英語オンリーになって

いる自分に気付いたのです。

 

 

以前は、日本語の字幕をしっかり見るか、

あるいは日本語と英語半々でストーリーを

追うことが多かったのですが、ここ数年は

どういうわけか英語だけで観ることが多く

なっています。

 

 

なぜ、完全に英語で観るようになったのか?

と言えば「映画の英語講座」をここ数年続けて

きたことが一番の理由かも知れません。講座を

受講されている方はもちろんのこと、講座を

作成している側も、相当の英語の「負荷」を

耳にかけ続けていたんですね。

 

したがって、映画の英語を聴き取る耳が

講師の私にもしっかり身についてしまった…

ということです(笑)これは嬉しい副産物ですが、

実際映画を英語で視聴すると本当に楽しいです。

 

 

日本語ではわからないニュアンスが伝わって

きますし、何より英語がわからない妻と一緒に

海外ドラマ等を観ていると、明らかに笑ったり、

驚いたりするポイントが違うのです。これは、

本当に英語を聴き取れる日本人だけの特権と

言えるかも知れません^^

 

そんな、楽しい「映画」を使った英語講座が

3日間だけ受講生を募集しています。今なら、

特典でお役立ち英語書籍のプレゼントもついて

きますので、宜しければ参加してみて下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eiga-eigo-course/

* プレゼント書籍は数に限りがありますので

無くなり次第終了となります。ご了承下さい。

 

追伸:

そうそう、上記のページの冒頭で、

・洋画を使った英語の学習の利点と実践方法とは?

・洋画を使った英語の学習で気を付けるべき点とは?

・どのようなジャンル・作品を選べば良いのか?

・英文スクリプト(台本)の入手方法はどうすれば良いのか?

…等々について詳しくお話している動画セミナーを

公開しています。洋画を使った英語の習得方法に

ご関心のある方はぜひご覧下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ