こんな海外の英語学習動画を視聴してみたことがありますか?

私はいつもメルマガやメール講座の内容を

執筆する時に、海外の英語学習動画をよく

参考にしています。

 

これらの動画は、英語圏のESLインストラクターや

英語教師などがYouTube上に無数にアップロード

しているものですが、その内容は本当に濃く、

まるで語学留学をしているのと同程度か、

それ以上の学習効果を期待出来るものばかりです。

 

しかし、誠に残念なことに、これらの動画を

積極的に使って学習している日本人は皆無に等しく、

それはこれらの動画のコメント欄を見れば一目瞭然

です(ほとんどが日本以外の非英語圏の国々に住む

英語学習者からの投稿コメントなのです)。

 

例えば、こんな英語学習動画があります:

5 Tips to Improve Listening Comprehension – American English

https://www.youtube.com/watch?v=OQahH_Jh7Bg

* 音が出ます、注意して下さい。

 

これは Rachel 先生の英語学習動画ですが、

この先生の動画は本当にためになるものが多く、

ハッキリ言ってこれらだけを集中的に視聴して

勉強・トレーニングを実践するだけで相当の英語力を

身につけられるはずです。

 

 

以下、簡単に上記動画の要約を記載しましょう:

■ アメリカ英語を聴解するための5つの改善ヒント

1.リダクション

アメリカ人が英語を話す時、あまり重要でない語を

弱く発音することがあります。

例:for を「フォーゥ」と発音せず「ファ」のように

短く発音する。短く発音されることを知っていれば、

混乱することがなくなる。

 

 

2.リンキング

単語と単語をスムーズに発音する時、隣り合った

発音がつながることをリンキングと言います。

「イー」の音で終わる単語は、その後に y を

置くとアメリカ人のような発音にすることが出来ます。

例: he always → ヒーヨゥウェイズ

 

 

3.ネイティブ・スピーチ

ネイティブ・スピーカーが話す実際の、自然な

英語表現を聴いて覚えること。これによって、

イントネーションやストレス、リダクションする音や

リンキングなどを知ることが出来るようになります。

 

 

4.聴き取った音を語を書き出す

トランスクリプトを確認する前に、聴き取った

語を書いてみる。これは10~20秒の短い動画や

音声でやること(繰り返しても構わない)。その後、

トランスクリプトを確認し、どこが聴き取れなかったのか

分析すること。聴き取れなかった原因を確認することで

リスニング力を改善することが出来るようになります。

 

 

5.YouGlish を使ってみる

聴き取り辛いフレーズや語句を YouGlish で

検索してみると、たくさんのネイティブ・スピーカーが

口に出すそれらのフレーズや語句を聴くことが出来ます。

* これは是非覚えておきたいサイトですね。

http://youglish.com/

 

 

…と、まぁ簡単に要約するとこんな感じの内容

なのですが、これだけでも有益なコンテンツですよね。

もちろん、多くのインストラクターがチャンネル購読や

教材販売の目的で動画を投稿しているわけですが、

これらの動画を活用しない手はありません。

 

 

ぜひ、あなたも積極的に海外の英語学習動画を視聴して

みて下さい~。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年10月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ