すべての英語学習者の悩みの根源は「〇〇」にあった…

英語がなかなか聴き取れないんです…

英語がなかなか話せるようにならないんです…

英語が、英語が、英語がぁ~!と

お悩みの方は本当に多いです。

 

 

ただ、そんなさまざまな悩みを分析してみますと

実はそれらには共通の「悩みの根源」がある

ことに気付きます。

 

 

それは、、、

「不安」です。

 

 

「不安…」

いやな言葉ですね。英語に限らず、私たちは

常に毎日「不安」と戦っています。それは、

「明日のプレゼン、うまく行くかなぁ…」といった

近い将来のものから、「老後ちゃんと食べていける

かなぁ…」といった遠い将来のものまで、色々と

あります。

 

 

英語で言えば、例えばリスニングで

相手の言っていることがよく聴き取れなかった時に

途端に不安になる人がいます。何か、とても

大切なキーワードが聴き取れなかったのではないかと

思うと不安で不安で仕方がなくなるのです。

 

 

これはスピーキングにも言えます。何か英語を

話して、少しでも相手に通じないと、ああ発音が

悪かったのかなぁ、それとも文法がおかしかったのか、

あるいは単語が間違っていたのかなぁ…と、不安で

不安でたまらなくなります。

 

 

こうなると、もう英会話どころではなくなりますね。

TOEICの試験などでも、不安になるともうダメ…という

人がたくさんいます。せっかく実力があるのに、

あまりに不安症・心配症でそれが発揮できないとなると

少しもったいないです。

 

 

そして、そんな「不安」というのは、

実は英語学習の行動にも大きな影響を与えます。

例えば、腰を据えてしっかりと英語の勉強をしなきゃ!

と頭の中では分かっているのに、なかなか本格的に

学習・トレーニングを開始出来ない人がいます。

 

 

これは「変化」に対する不安があるためです。

変化するのが怖いのです。英語の勉強を始めたら、

何だか大変なことになりそう…。そう考えるだけで、

「まぁいいや、明日からにしよう」と先延ばしします。

 

 

「三日坊主」になりやすい人も、根底には「不安」が

あります。継続していて、結果が確定することへの

不安があるということです。簡単に言えば、こんなに

勉強していて結果が出なかったらどうしよう…と

恐れるということです。これも根源にあるものは

「不安」です。

 

 

もちろん、「不安」は英語学習だけに関わることでは

ありません…

「最近、体調が悪い…どこかに大きな病気があるのでは?」

「仕事の成績が悪い…リストラされたらどうしよう…」

「最近あの人が冷たい…フラれたらどうしよう…」

「今月はピンチだ…月末のローンの支払いどうしよう…」

「今は上手くいってるけど、将来どうなるかわからない…」

 

 

私たちは、毎日さまざまな不安に押し潰されそうに

なりながら生活しています。しかし、実はそんな

「不安」が単なるあなたの【妄想】だとしたら、、、

このプログラムでは、そんなあなたの「不安」を

一瞬で消し去るノウハウをご紹介しています。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-action-course/

* 残り若干名です、お気をつけ下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ