百聞は一見に如かず、とりあえずシャドーイングやりますか

 

シャドーイングのやり方について

よく質問を頂きます。市販の教本を買って

挑戦してみたけれどよくわからない…と

言われる方がとても多いのです。

 

 

私も何冊か、市販の教本を持っていますが、

確かにどれもこれも説明がクドイというか、

理論的なことや難しい専門用語を並べ立てて

いるものが多く、少なくとも入門者向けでは

ないものがほとんどです。

 

 

まぁ、きっとシャドーイングの専門書を

書くような人は勉強熱心で頭の良い人が

多いのでしょう(笑)しかし、難しいことを

簡単に説明できるのが本当に「頭の良い人」

だとは思いますが…。

 

 

ま、それはそれとして、いずれにしても

シャドーイングの教本は何だか難しいこと

ばかり書かれていて、それで実践が出来ない

あるいは怖くて挑戦する気になれない…

という人も多いようです。

 

 

ただ、百聞は一見に如かずと言う通り、

一度試しにシャドーイングの真似事を

やってみると、意外と「ああ、こんな感じに

やればいいのかな」というのが分かるように

なります。

 

 

教本の理論的な説明を何時間も読まずとも、

自分でまずは試しにやってみる方が話が早い

というわけですね。何でもまず挑戦してみる

ことが大事です。

 

 

で、じゃあ一体どんな英語音声を使ったら

いいのかなーという話になりますが、

この英語音声素材の選定は確かに難しいかも

知れません。

 

 

上級者になればその辺に転がっている YouTube

の英語動画でもシャドーイング出来ますが、

初心者や入門者にとっては少し敷居が高いでしょう。

 

 

そんな時は、このシャドーイング専用教材が

お薦めです。レベルも初級~中級~上級のように

分かれていますから、まだシャドーイングを

まともにやったことが無いという人も感覚を

掴むには最適だと思います。

↓↓↓
http://bit.ly/2dAgkEu

* あと数時間でキャンペーンは終了だそうです。

ご注意下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年10月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:シャドーイング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ