英語のシャドーイング、試してみたことありますか?

あなたが通訳者志望ならもちろんのこと、

最近では英語学習の上級者であれば

おそらくは誰もが試してみたことがある

シャドーイング。

 

 

私がかつて通訳者の学校に通っていた時も

当然のようにやっていましたが、これが…

意外と難しいトレーニングなのです。

 

 

簡単に言えば、英語音声を聴きながら、

その後をピッタリついて英語を真似して

発する(オウム返しする)…というものですが、

こんな大変なこと、一体誰が発明したんだろうと、

当時恨めしく思ったことがあります(笑)

 

 

実際、難しいということは、それだけ

「負荷」がかかるトレーニングなので

その効果はメチャクチャ高いです。私の

知り合いもシャドーイングだけ1か月続けて

スピーキング力とリスニング力を周囲の人が

驚くほど向上させたことがあります。

 

 

したがって、本来であれば英語を話せるように

なりたい人、聴き取れるようになりたい人全員が

シャドーイングに挑戦するべきなのですが、

これまで日本では「コレ!」といった教材が

無かったのも事実です。

 

 

まぁ、そんな教材が無くても、英語音声と

スクリプトを用意して自力でやれば良いのですが、

ただでさえ難しいシャドーイングを、初心者や

中級の手前ぐらいの人が挑戦するにはさすがに

敷居が高過ぎると言えるかも知れません。

 

 

しかし、冒頭でもお話したように、今回は

ものすごく画期的なスピーキングの教材が登場

しました。これなら、シャドーイングをやった

ことが無いという人も、あるいはやったけれど

難しくて挫折してしまった…という人も、絶対に

続けることが出来るはずです。

 

 

シャドーイングのトレーニング自体は、

元々通訳者の養成にも使われていた本当に効果のある

練習法ですから、これでスピーキング力や発音が

向上しないわけがありません。もちろん、リスニングも

同時に伸ばせる所がこのトレーニングの最大の利点でも

あります。

 

 

特に英会話で英語がパッと口から出ずにいつも

モゴモゴと下を向いてしまったり、相手の外国人が

喋ってばかり…という状態になる人は、この教材を

使ってシャドーイングを本気でやってみると良いかも

知れません。

↓↓↓
http://bit.ly/2dAgkEu

 

 

追伸:

この教材を使って私も久しぶりにシャドーイング

やったんですが、慣れると結構ストレス解消に

いいんですよねー(笑)

 

大きな声でやってみると、発音矯正はもちろん、

何となくカラオケみたいで気分が良くなります。

ぜひ試してみて下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ