意味はさて置き、洋楽の「音」だけ真似してみると…

 

タモリ倶楽部の「空耳アワー」を

ご存知でしょうか。もう大昔からやっている

テレビ番組の一つのコーナーで、洋楽の歌詞が

日本語に聞こえる「空耳」を紹介するものです。

 

 

例えばこんなの…

「アホな放尿犯」

https://www.youtube.com/watch?v=wa5atLnale8

* 音が出ます、注意して下さい。

 

 

これは、かの The Beatles の

I Want To Hold Your Hand(邦題:抱きしめたい)

の一節ですが、タイトルと同じフレーズ、、、

 

 

I wanna hold your hand!

「アウォナ・ホゥジョオ・ヘァ~ン!」

が、こともあろうに

「アホな放尿犯~!」

に聞こえると、まぁこじつけるわけですが、

これが本当に面白いのです(笑)

 

 

実際、hold your の部分のリンキングは

放尿の「ニョ」に聞こえてもおかしくはなく、

英語を聞こえるまま(若干こじつけですが)

真似してみると、英語っぽく発音出来るという

原則を見事に実証しています。

 

 

英語の発音が苦手な人や、リスニングが

苦手な人は、英語を厳密な「発音記号」で捉え、

単語単位で意味をきちんと確認しながら

発音したり、聴き取ったりする傾向があります。

 

 

しかしその前に、言葉というよりは単なる

「音」として耳に入れる習慣をつけてみると

英語の発音やリスニング力が劇的に改善する

ようになります。

 

 

そのためには、こんなタモリの空耳アワー

のように、まずは洋楽などを「音」だけで

純粋に楽しむことから始めてみると良いです。

ハッキリ言って、こんなのは勉強でも何でもなく

単なる「遊び」感覚でやってみると良いのです。

 

 

そして英語の「音」に慣れてから、より厳密に

「意味」を捉えるようにすると効果的と言えます。

英語の勉強が大好きな、真面目タイプの人には

ちょっと理解し難い、考えられないようなアプローチ

かも知れませんが(笑)、ネイティブ・スピーカー

のようなカッコいい発音を身につけたかったら、

そんなやり方で英語と付き合うようにすると良いです。

 

 

追伸:

この洋楽英語プログラム、本当に楽しい講座なので、

ぜひ参加してみて下さい!残り人数枠僅かですので

お気をつけ下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/yogaku-english/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ