英語を話すのが得意な人が常に気にしているリズムのお話

人によってはネイティブ・スピーカーが

喋っている英語自体が「音楽」に聞こえる

という程、英語という言葉は「音楽的」な

言語と言えるかも知れません。

 

 

ラップ音楽なんかもそうですが、結局

英語というのは音楽的なリズムにとても

ノリやすいんですね。「調子」が良いという

わけです。

 

 

一方、日本語の方はとても「画一的」で

どちらかというとボソボソ…といった

イメージ。あまりダイナミクスが無いのです。

(ダイナミクスとは音の強弱のことで、

アベノミクスとは関係ありません:笑)。

 

 

で、英語の初心者とか、あまり英語を

話すことが得意でない人は、そういった

英語の「音的」「音楽的」要素について

気にする習慣がありません。

 

 

だから、英語であっても日本語のような

発声・発音で画一的に喋ってしまう傾向が

あります。すると、英語らしい発音にならない

ばかりか、ネイティブ・スピーカーからすると

聴き取り辛い英語になってしまうのです。

 

 

では、どうすれば英語を「英語らしく」

発音出来るのか?という話になりますが、

コツとしては日本人が外国人(イングリッシュ・

スピーカー)を真似る時のような

「ペラペラぺ~ラ」といったリズムの偏りを

意識すると良いです。

 

 

例えば、ジャズのスイングというリズムは

ターッタッタ・ターッタッタ…のように

揺れるのが特徴ですが、英語もそんな感じで

独特の「偏り」「揺らぎ」があるのです。

 

 

この独特のリズムは日本語には存在しないので、

英語を話す時には意識して真似する必要が

あります。そして、英語を話すのが得意な人は

このリズムの捉え方がとても上手です。

 

 

このような英語特有のリズムを体得するには

普段から洋楽(英語の歌)を積極的に聴く習慣を

身につけておくと良いです(出来れば、カラオケ

等で実際に歌ってみると更に良いです)。

 

 

追伸:

というわけで、明日から「洋楽の英語講座」の

特別募集キャンペーンを開始する予定です。

洋楽を使った英語のリスニング・発音矯正に

ご関心のある方はぜひ楽しみにしていて下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ