あなたに乗り越えられない困難は訪れないのです

 

英会話の時に緊張してしまって

どうしても英語をうまく話せないという

悩み相談のメールを頂きました。

 

その方は極度の「心配性」らしく、

いつも何か悪いことが起きるのではないか、

最悪の失敗をしでかしてしまうのではないかと

心配で仕方ないと言うのです。

 

まぁ、英会話で失敗することなんか

私はもう星の数ほどしでかして来ましたので(笑)

今更何とも思わないわけですが、経験の浅い人ほど

失敗を恐れますよね。

 

例えば英語を話す時にこんな発音で通じるかな?

とか、こんな表現で大丈夫なのかな?とか。

聴き取りであれば、もしかしてもっと重要な

ことを話しているんじゃないかな?とか、

きちんと聴き取れずに大変なことになるんじゃ

ないかな?とか、、、

 

まぁとにかく色々なことに気を揉んで、

心配して、怯え続けているわけです。

この相談メールをくださった読者の方も、

「いつも何か最悪のことが起きるのでは?」と

心配されているそうです。

 

ここで一つハッキリと言い切ってしまいますが、

あなたが思っているほどの困難って、この世では

起こらないんです。というか、その人にとって

乗り越えられない困難は絶対に起きないです。

 

ただ、こういうことを言うと、

「でも、あの人にはあんな大変なことが起きている!」

とか

「だって、あの人はあんな酷い目に遭っていますよ!」

と言う人が必ず出てきますが、、、

 

ここで言う困難というのは、その人に起こる困難

のことです。しかし、どうか安心して頂きたいのは

困難というのはその人専用の困難しかやって来ない

という事実です。

 

だから、他人の困難のことは心配する必要はありません。

あなたにはあなたにちょうど良い試練が、ちょうど良い

タイミングで、レベルで、上手い具合にやってきます。

 

だから、別に何も恐れることはないのです。

ただ、一段一段、目の前の階段を上っていけば

良いだけです。あなたが階段を上る様子は、傍から

見ればものすごい「困難」に思えるかも知れませんが、

当の本人は案外何とも思わず耐えることが出来ます。

 

世の中ってそういう仕組みで出来ているようです。

ちょっと英会話の話から脱線してしまいましたが^^;

だから、英会話なんかでも必要以上に恐れる必要は

無いということです。

 

あなたが思っている程、外国人はあなたの英語について

何とも思っていませんし、気にも止めていません。

リスニングも、英語でまくしたてられると何か

とんでもなく重要な、難しいことを話しているような

気がしてしまいますが、実際蓋を開けてみると

大したこと喋っていないんですよね(笑)

 

だから、英語のことで心配する必要なんか、

これっぽっちもありません。もっと英語を楽しんで、

前向きに「良い事」だけを見て前進しましょう。

きっと明日はいいことがありますよ!

 

 

追伸:

それでも自分の英語力が心配で心配でたまらない!

という方は、ここいらで英語のキホンをしっかりと

叩き直しておきましょうか。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basics/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ