バイリンガルの資質:知らない人に挨拶が出来ますか?

あなたは「挨拶が出来る人」ですか?

もちろん、大抵の人であれば、相手が

知っている人であれば挨拶が出来るでしょう

(たまに知っている人にさえ挨拶が出来ない

不届き者がいますが…^^;)。

 

 

これは日本人特有の癖と言うか習慣、

性質のようなものですが、どういうわけか

日本人は自分が「知っている人」と

「知らない人」を明確に分ける傾向が強い

のです。

 

 

つまり、挨拶であれば「知っている人」

にはニコッとやるわけですが、自分が

「知らない人」の場合はツーン!と無視

します。それが普通の世の中になっています。

 

 

一方、英語圏などでは知らない人に会っても

ニコッと笑って「ハ~イ!」なんて軽い挨拶は

誰もがするものです。少なくとも目が合えば

誰もが会釈程度はします。

 

 

さらに言えば、挨拶は勿論、知らない人と

普通に「世間話」をすることが多いです。

これ、日本ですとまず有り得ない習慣でしょうか。

 

 

例えば、バス停でなかなかバスが来ないとします。

すると「なかなか来ませんねー」みたいな話から

天気の話、身の上話といったスモールトークが

始まるのは日常茶飯事です。

 

 

しかし、日本ではむやみに人に話しかけると

煙たがられますし、時には「不審者」と思われる

可能性さえあります(笑)

 

 

で、結局そんな日本の風潮、つまり

「知っている人」と「知らない人」の間に

明確な線引きをすることが、日本人の

コミュニケーション能力に大きな悪影響を

与えていると考えられます。

 

 

日本人はシャイだとか、よく言われますが、

実際のところはシャイというよりは、

知らない人にこんなにベラベラ話しかけても

いいのか?と躊躇してしまうのが正直な所では

ないでしょうか。

 

 

そんな時は、日本人の常識を捨てて、

どんどん外国人に話しかけるようにすると良い

です。いきなり話しかけるのが難しければ、

まずはニコッと笑顔で「ハ~イ!」と呼び掛けて

みましょう。

 

 

知らない人に挨拶をする…。

日本人にとってはちょっとしたハードルですが、

それが世界の常識であることを理解して、

少なくとも英語を話す時にはそんな感じで

あなた自身を変身させてみると良いのです。

 

 

追伸:

というわけで、挨拶は英会話のキホンでもあります。

もしあなたが英語の「キホン」をこの機会に

しっかりと身につけたいのであれば、、、

ぜひこちらのプログラムをチェックしておいて下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basics/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ