英語に行き詰ったらこんな感じで「基本」に戻りましょう!

 

英語の学習を続けていて、

力が着実に身についていると実感出来る時は

いいですが、そうでない時は辛いですね。

 

 

何だか、こんな勉強とかトレーニングを

続けていて、果たして本当に英語を話したり、

聴き取ったり出来るようになるのかなぁ?

なんて、ふと不安になるものです。

 

 

そんな感じで英語の学習に行き詰まりを

感じた時は、ちょっとだけ一息入れて、

「基本」に立ち返ってみることをお勧めします。

 

 

英語では Back to basics とか、

Back to the basic なんて言いますが、

要は「基本に戻れ」ということですが、

これはどんなことで行き詰ったら初心に戻る、

基本に返る…ということが大切なんです。

 

 

例えば、多くの人が洋画や海外ドラマの

英語音声を使ってリスニングの練習をして

いますが、ハッキリ言うとこのような英語の

音声というのはとても難易度が高いものです。

 

 

もちろん、だからこそ高負荷の練習が出来て

その分しっかりとリスニング力も身につく

わけですが、それも「基礎・基本」が出来ていて

初めて効果を期待出来るわけです。

 

 

したがって、今色々な教材とか問題集とか

ありますけど、そういうものを使って英語の

勉強をしていて「何だか難しいなぁ…」とか

「ちょっとついていけないなぁ…」と感じる

ような時は、少しだけ足を止めて Back to Basics

「基本に戻る」ことを考えてみるのも良いでしょう。

 

 

これは上級者にも当てはまることであり、

何だか最近、英語力の上達が頭打ちになって

いるなぁ…、何となくマンネリ化しているなぁ…

なんて感じる時にも Back to Basics

「基本に戻る」ことを意識してみると良いです。

 

 

では、一体どんな風にして「基本」に戻れば

いいのか?ということですが、、、

ちょうど10月からこんな「基本回帰」が

コンセプトの新プログラムが始まりますので、

もし良かったらチェックしてみて下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basics/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ