あなたの英語表現を大人っぽく変身させる「3つの理由作戦」

 

 

今日はあなたの英語表現を一瞬で

「大人っぽく」変身させるコツをご紹介

しましょう。その名も…

「3つの理由作戦!」です。

 

 

例えば、英語であなたの住んでいる町

(都市でも、県でも、村でも何でも)

について説明する時、ほとんどの人は

I live in ○○ city…のような表現を

しますね。

 

 

もちろん、これはこれでOKです。

ただ、ネイティブ・スピーカーからすると、

I live in ○○ city.

「私は○○市に住んでいますよ!」

で終わってしまうと、ガクッとズッコケ

たくなる衝動に駆られるのです(笑)

 

 

というのも、英語というのは非常に

「論理的な言語」とされており、ただ

「○○ですよ!」と言うだけでは足りない

んですね。その先に、「○○ですよ!」と

言うだけの理由を続けないと物足りなく

感じてしまうのです。

 

 

このような論理的な話し方を、欧米人は

子供の頃から習うのですが、日本人はあまり

そういうことを詳しく学びません。論理的に

話さなくても「言わなくてもわかるでしょ」的な

風潮があるのが原因かも知れませんね。

 

 

ま、それはそれとして、英語を話す時は

「3つの理由」を続ける習慣をつけると良いです。

3つが難しければ2つでも、1つでも構いませんが

いずれにしても「○○です!」と主張するなら、

その理由をいくつか話すようにすると良いです。

 

 

例えば冒頭の I live in ○○ city…と

言った後に、「○○という町はとてもステキな

所です。なぜなら…」のように理由を続けるという

ことですね。

 

 

東京ならたくさんの人が住んでいて便利だからとか、

何でも揃っていて手に入るとか、世界一安全な都市

だとか、まぁこういう理由はいくらでも挙げることが

出来るでしょう。

 

 

そういった「理由」を常に付け加える習慣を

身につけてみて下さい。たったそれだけのことで

あなたの英語表現が一気に「論理的」に、

そして「大人っぽく」洗練されますよ^^

 

 

あ、でも、もし自分で書いた英語が正しいのか

どうかわからない、こんな表現をネイティブ・

スピーカーに向かって使って果たして通じるのか

どうかわからない…と不安な方はぜひ

「十五夜キャンペーン」でこちらのプログラムに

ご参加下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/tensaku-speaking/

* プレゼント書籍の残数は僅かです、ご注意下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ