カッコいい英語を話せる人とダサい英語しか話せない人の違い

 

 

そもそも、私たちが言葉を覚える時、

どうやって新しい語句や表現を身につける

のでしょうか?

 

 

それを考える時、一番わかりやすいのは、

私たちが子供の頃、どうやって日本語を

覚えたのかを思い出してみることです。

 

 

ご飯を食べる前の「いただきます」、

寝る前の「おやすみなさい」なんていう

挨拶の言葉は、それこそ「音」が全てで、

意味なんか考えずに覚えてしまいますよね。

 

 

日常生活の中で、さまざまな日本語の

表現の仕方、つまり「音」を耳にして、

色々なシチュエーションごとに、

「こういう時にはこう言うんだ…」という

言葉のルールを自然と覚えるわけです。

 

 

では、そんな覚え方を前提として、今

私たちが「英語」を覚えようとする時、

一体どんなアプローチで英語という言葉を

身につければ良いのでしょうか?

 

 

もちろん、英語の場合も日本語と同じで、

ネイティブ・イングリッシュ・スピーカー

たちが英語圏の日常生活で使っている、

ごく自然な言葉、表現をどんどん丸覚え

していくのが一番と言えます。

 

 

しかし、日本に住んでいたら、なかなか

英語圏の日常生活で使われているような語句・

表現を知り得るのは難しいですね。だから、

お金と時間に余裕のある人は海外へ行ったり

します。

 

 

とは言え、それは学生とか、一部の恵まれた

環境の人には可能ですが、大多数の人にとっては

まず不可能な選択肢ですよね。

 

 

そこでお薦めなのが洋画や海外ドラマといった

英語音声のソースを使った学習法です。

これらは英語圏の人々が普段使っている、

ごく自然な英語の語句・表現の宝庫と言えますので

日本にいながらいくらでも英語の語句・表現を

学ぶことが出来ます。

 

 

実際、多くの英語学習者が洋画や海外ドラマを

使った英語のトレーニングを実践しており、

その多くが洋画や海外ドラマを活用することで

驚くほど英語力・英会話力を高めることに成功

しています。

 

 

しかも、洋画や海外ドラマで学べる英語の

語句や表現というのは、ハッキリ言って

「カッコいい」ものが多いです。日本の教科書

主体で覚えた「ダサい英語」とは雲泥の差が

あります(笑)

 

 

ただ、実際にこれらを使って英語の勉強・

トレーニングを行うにはちょっとしたコツが

要るのも事実です。例えば、どんなジャンル・

タイトルを選べば良いのか、スクリプト(台本)

はどうするのか、実際のトレーニングの手順は?

…等々、色々とわからないことも多いでしょう。

 

 

そこで、今週末限定で以下のページで洋画や

海外ドラマを使った英語の学習法を動画にまとめて

ご紹介しています。短い動画ですので、ぜひ

視聴して参考にしてみて下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eiga_english2016/

 

 

 

追伸:

同時に、洋画・海外ドラマを使った英語学習

プログラムも週末限定で受講生の受付をしています。

先着10名(残り8名)で「英語でネイティブ

みたいな会話がしたい!」という渡邉おススメの

最新書籍をもれなくプレゼントさせて頂きますので、

ぜひ詳細をチェックしてみて下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ