聴き取れるようになりたいなら、今すぐ挑戦してみませんか?

英語を話すのが苦手な日本人を交えて

外国人と共に会話をする時には、当然ですが

その中で「英語を話せる人」が通訳の役目を

担うことになります。

 

これは少しでも英語が話せる人なら分かって

頂けるシチュエーションかと思いますが、

そんな時に必ず言われるのが、、、

「英語が話せていいですね~」とか

「英語が話せて羨ましいですね~」

といったお世辞です。

 

私もかれこれ四半世紀近く、

そんな言葉を投げ掛けられてきた気がします。

そして、そんな言葉を耳にする度に、

「それなら今すぐに英語を勉強して

話せるようになればいいのに…」と、

心の中で思うのです。

 

日本人は社交辞令なのか、口癖なのか、

あるいは本気でそう思っているのか

よく分からないことがありますが、、、

 

「英語が話せていいなぁ~」

「英語が聴き取れて羨ましいなぁ~」

等々口にするのであれば、いつまでも

指をくわえて見ていないで、今すぐにでも

挑戦してみればいいのになぁ…と本当に

思います。

 

なぜ、そう思うのかと言うと、

人生は「時間」が限られているからです。

「~してみたいなぁ」「~やってみたいなぁ」

と思ったら、今すぐにやらないと時間が

無くなってしまいます。

 

でも、今は忙しいから、、、

この仕事が一段落したらきっと始めよう、、、

そう言って何年、何十年も時間は過ぎ去ります。

本当、アッと言う間に人生なんて終わりますよ。

 

人生終わる時に、果たして自分は本当に

やりたいことをやってきたのだろうか?

いつも、忙しい、今はその時ではない…と

言い訳をし、挑戦するのを後回しにしてきた

のではないだろうか?と気付いても遅いのです。

 

あなたが「やりたいこと」は今すぐにでも

始めるべきです。不思議なことに、どんなに

忙しくても始めちゃうと何とかなってしまいます。

そして、何だかんだ言って、始めた人がいつでも

「勝つ」ということ。

 

結局、どんなことでも謳歌し、楽しめるのは

物事をすぐに「始めた人」なんですよね。

「やったもん勝ち」なんて言葉がありますが、

あれは本当です。

 

そして、いつもそんな楽しそうな人の横で

指をくわえて悔しそうに、或いは羨ましそうに

見ている人は結局いつまで経っても「やらない人」

なんです。「すぐに行動しない人」なんです。

どんなことでも、「やったもん勝ち」というのは

あると思います。

 

もしあなたが、本気で英語を話し聴き取れるように

なりたいのであれば、ぜひ「やったもん勝ち」

という言葉を思い出して、何でも構いませんから

チャレンジしてみて下さい。すぐにその言葉の

意味がわかるはずです。

 

追伸:

というわけで、何度もお伝えするのに少し飽きて

しまいましたが(笑)、こちらは今夜限りで終了です。

「やったもん勝ち」ですから、ぜひやって下さいね!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/predict-listening/

 

* なお、受講生の受付・レポートの配布とも

これにて完全に終了とさせて頂きます。たくさんの

閲覧、受講お申込みを頂きまして誠にありがとう

ございましたm(_ _)m

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年8月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ