英語と日本語の「音的な単位」の違いを知らないから…

その昔、ロックを日本語で唄うか、

英語で唄うか…という、大論争が巻き

起こったことがあります。今となっては、

そんなことを論争してどうするのか?

という感じですけどね。

 

 

確かに、英語圏で生まれたロックは

英語で唄えばリズムがしっくり来ますが、

日本語で唄うと、途端に「盆踊り的」というか

何となく「ノらない」感じになってしまう

わけです。

 

 

で、これには色々な理由があるのですが、

そのうちの一つに母音と子音の数という

決定的な「違い」が挙げられます。

 

 

基本的に日本語というのは、子音+母音の

組み合わせで発音します。例えば、

カキクケコなら ka-ki-ku-ke-ko のように、

音を区切るわけです。

 

 

しかし、英語の方はもっと複雑で、

子音+母音+子音…のような形になったり、

そもそも子音の数が多かったりと、日本語

とは異なる点がたくさんあるのです。

 

 

だから、英語の発音を聞いていると、

何となくそれだけで音楽っぽいというか、

独特のリズムがあることに気付くかと思います。

 

 

例えば、日本人が外国人の喋り方を真似する時に

「ワターシィハァ~、ガイコクジーンデェ~ス」

のような感じでアクセントを強調しますが、

まさにあれが英語の音的な特徴というわけ

ですね。揺らぎがあるのです。

 

 

一方で、日本語の方はとても「画一的」です。

ほとんどが子音と母音の組み合わせでカチカチッと

出来上がっているので、音的には「ダダダダ…」

のように、リズムの揺らぎがほとんどありません。

 

 

ここで重要なことは、英語の「音的な単位」と

日本語の「音的な単位」を一緒くたに捉えるから

話がおかしくなる(シックリこなくなる)という

ことです。そもそも、音の構造自体が異なるという

ことなのです。

 

 

そしてこれはロックといった「音楽」の話だけでなく、

英語を聴き取ったり、発音したりといったスキルにも

大きく関係してきます。逆に言えば、この違いを知り、

「音的な単位」を理解出来れば、英語の聴き取りも

発音も格段に向上させることが出来るというわけです。

 

 

追伸:

もしあなたがそんな日本語と英語の「音的な単位」の

違いについてしっかりと知り、理解したいということ

であれば、ぜひこちらの新プログラムにご参加下さい。

明後日で先行募集は全て終了です!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/predict-listening/

* 分割払いにも対応致しました。

* 銀行振込でのお支払いにも対応しております。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ