結局、英語は「マネ」が一番ですね!

今日はライティングのお話。
英語を書くこと。すなわちライティングですが、割と日本人は得意な人が多いよう

です。ただ、書くのが得意なことと、書いた英文が正確かどうかについては

関連性はないようですね(^^;
英語英会話マニュアル実践者を対象にした私のオンライン英語塾では、受講生に

たくさん英文を書いてもらい、その添削を通じて総合的な英語力向上をはかっている

のですが、やはり日本人が書く英語には独特の「不自然さ」があります。

これは、日本語をそのまま訳すために起こることなのですが、ある意味私たちが

日本人(=ノンネイティブ)である以上、仕方のないことかも知れません。

英語塾では、その「不自然さ」をいかにぬぐうかを目標にさまざまな指導を

行っているわけですが、その中でも一番簡単に、誰もが出来るライティング上達の

秘訣があります。
例えば、ある日本文を英語に訳すとき、おそらく一字一句辞書を見ながら

「英作文」される方がほとんどだと思いますが、その方法だと十中八九「不自然」な

英語になってしまいます。

なぜなら、その英文の骨組み(骨格)となる部分は「日本語」だからです。
骨格が日本語なのに、そこにペタペタと英語をはりつけても、不恰好なだけなんです

ね(^^; 非常に不自然な英語になってしまう…。
では、どうすれば良いでしょうか?

一番簡単な方法は、ネイティブの表現をそのまま「引用」すること、です。
何も英語を書くからと言って、最初から最後まで自分で英作文する必要は

ないわけです。真似できるお手本があるなら、どんどん「引用」させてもらう。

実は、これが一番簡単かつ正統な「ライティング」の上達術に他なりません。

さらに言ってしまうと、これはライティングだけに限らないんです。
スピーキングでも、例えば英会話スクールやその他外国人と会話をする機会が

あれば、相手が言っている表現で初めて知ったものを片っ端から自分の表現に

組み込んでいくんです。

そういう生の、本場の表現、言い回しというものを積極的に真似し(拝借し)、

自分のアウトプットに取り入れていく。

これが、英語習得の基本と言えるでしょう。
そういう意味では、発音も「マネ」が一番なんですよ。発音記号みながら

あーでもない、こーでもないと鏡を見てヘンな顔になってしまっている人がいますが

そんな難しい理論はとりあえずおいておき、単に「マネ」すればいいんです(^^)

waterが「ワーラ」と聞こえるなら、「ワーラ」と発音すれば良いだけ。

何にも難しいことはありません(^^)

そのような「マネ」が積み重なって、あなたの総合的な英語力となるわけです。
如何でしょうか?
 
私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ