なぜリスニングの際に英語を頭の中で訳してはいけないのか?

英語を聴き取るのが苦手な人に限って

頭の中で英語を「訳しながら」理解しつつ

リスニングしています。

 

しかし、これは以下の3つ理由から、

なるべく早く解決すべきリスニングの悪癖

の一つと言えます。特に一度習慣化して

しまうと矯正が難しくなりますので注意が

必要です。

 

英語を頭の中で訳しながら理解しない方が

良いことの一つ目の理由は「時間がかかる」

ということです。当然ながら、英語を日本語に

訳して理解するわけですから「訳す時間」が

余計にかかります。

 

特にディクテーションでもするかのように

英語音声を頭の中で文章化し、それをまるで

「読む」ように理解しようとする人がいますが、

そもそもリーディングとリスニングは全く異なる

プロセスで内容を理解しますので、そのやり方を

押し通そうとしてもいずれ上手く行かなくなる

のです。

 

二つ目の理由は「労力がかかる」ということです。

時間も労力も同じように重要なものですが、

リスニングというのは実はとてもエネルギーを

必要とする行為でもあります。

 

集中して英語を聴き取り、その内容を理解する…

という作業では、実は脳に大きな負荷がかかっています。

ただでさえ労力がかかる上、英語を日本語に訳しつつ

理解する…なんてことをしていたら、まず

エネルギーが持ちません。だから訳さずに理解し

英語を理解する力を温存する必要があるのです。

 

最後の理由は致命的です。簡単に言ってしまえば

英語を日本語に訳している時間は「聴き取りが

出来ない」というわけです。これも当然といえば

当然なのですが、多くの日本人が今この瞬間にも

英会話などで実際に犯している致命的な間違いと

言えます。

 

何度も戻って読み返すことが出来るリーディングと

異なり、リスニングというのは一発勝負です。

英語音声は待ってはくれないのです。しかし、

英語を日本語に訳しながら理解しようとしたら

どうなるでしょう?

 

当たり前ですが、あなたが頭の中で「翻訳」を

行っている最中は次の英語音声が頭の中に入って

きません。もちろん同時通訳者であれば特殊な

訓練を受けていますからそういうことが可能ですが、

一般人がそれをすぐにやろうとしてもまず無理です。

 

元々理解しづらい英語なのに、次の英語の情報が

頭に入って来なければ、、、当然、すぐに

「うわー何が何だかワカンネ~!」とパニックに

なってしまうのは想像に難くありません。

 

以上が、英語のリスニングの際に頭の中で

英語を日本語に訳して理解しようとしてはいけない

3つの代表的な理由となりますが、いかがでしょうか。

もしあなたに心当たりがあるならば、どうか今すぐに

そのような聴き取り方から足を洗うようにして頂き

たいと思います。

 

今週は「リスニング」をテーマに、さらに詳しい

ノウハウを惜しみなく大公開させて頂きますので、

お楽しみに。特に近日無料公開させて頂く最新の

ノウハウは英語のリスニングがどうしても苦手

という方に是非読んで頂きたい内容となりますので、

期待していて下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年8月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ