まずは「勢い」で英語を話せるようになることが先決

 

このお盆休み中に、こんなメールを頂きました:

「渡邉先生は単語や文法を気にするなと言われますが、

間違った単語や間違った文法を使ったら、英語が

通じないのではないですか?」

 

なるほど、確かに私は英語を話せるように

なりたかったら単語や文法は気にしない方が

良いですよといつも言っています。

で実際、本当に気にしない方が良いと思っています。

 

ただ「単語や文法が間違っていたら通じないのでは?」

という懸念につきましては、あまり心配しなくても

大丈夫です。

 

これは日本に来ている外国人を見れば分かると

思いますが、確かに完璧な日本語を話せる外国人も

多いですが、中にはちょっと怪しげな日本語を話す

外国人もいますよね(笑)

 

しかし、それで全くコミュニケーションが出来ない

というケースはほとんどありません。まず、私たちは

日本人ですから完璧な日本語を話せて当たり前ですが

(中には日本語が怪しい日本人もいますが^^;)

彼らは日本語のネイティブ・スピーカーではありません。

 

つまり、最初から完璧な日本語を期待されているわけ

ではないので、多少おかしな表現をしたところで

誰も「おかしい」「変だ」とは思わないのです。

 

同じ理由で、私たち英語のノン・ネイティブが

多少おかしな言葉遣いをしたり文法が間違っていたり

しても、外国人は誰も気にしないということです。

 

それを「間違っているんじゃないか?」

「変な英語を話して笑われるんじゃないか?」と

ビクビクし過ぎているのが大半の日本人英語学習者

と言えます。

 

そうではなく、誰も相手はおかしいと思いませんから、

ヘンテコな英語でも構わないので、まずはとにかく話す、

どんどん話すということが重要です。そうやって

「勢いで英会話が出来るレベル」まで持って行くこと。

 

そして重要な点はここからですが、ある程度の勢い

をもって話せるようになってから、難しい単語や

表現を覚えてみたり、あるいは細かい英文法ルールに

こだわってみたりすると良いのです。

 

つまり、最初から細かいことにこだわるのではなく、

最初は「勢い」に任せて英語を話してもまったく問題

ないですよ、ということ。むしろそうやって英語力を

身につけていくのが正しいアプローチと言えるのです。

 

 

 

渡邉 英喜

 

 

追伸:

というわけでお盆休みの特別キャンペーンは

もう終わりですので、どうかこのチャンスをお見逃しなく!

一緒に毎日楽しく英語の学習を続けましょう^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster-obon2016/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ