こんな可愛いドリーの動画を使ってインプットの練習をしませんか?

 

昨日のメルマガで、英語力を効果的に身につけたい

のであれば、英語のインプット(読み・聴き)と

英語のアウトプット(話し・書き)をバランスよく

行うことが大事ですとお話ししました。

 

 

今日は、具体的にどんなインプットの練習と

アウトプットの練習をすれば良いのか、あなたが

実践すべき内容について詳しくお話ししたいと思います。

 

 

まず、インプット・トレーニングについてですが、

これは英語の教科書とか、参考書、あるいは

市販の英会話教材のような「作られた英語」ではなく、

英語圏で実際にネイティブ・スピーカーたちが

日常的に読んだり、聴いたりしている英語を、

そのまま練習素材として使うようにした方が良いです。

 

 

例えば、以下は「ラインマスター毎日英語塾」の

昨日のリスニング講座で扱った映画『ファインディング・

ドリー』の一場面ですが、、、

"Baby Dory" Clip – Finding Dory

https://www.youtube.com/watch?v=i3kIpCzLzEo

* 音が出ます、注意して下さい。

 

 

如何でしょうか?とても可愛いですね^^

実際に英語圏の人たちが普段の生活で耳にしている、

このような英語動画をインプットの練習に使うと、

多少難しく感じられるかも知れませんが、そちらの方が

断然「力」が身につきますのでお薦めです。

 

 

同様に、リーディング(読み)の練習であっても、

英語学習者向けに作られた英文ではなく、実際に

ネイティブ・スピーカーたちが普段読んでいるような

英文を練習の素材に使うととても効果的です。

これらには、海外のニュース記事、まとめサイトや

SNS等の投稿文、趣味に関するウェブサイト等々の

英文が含まれます。

 

 

では、アウトプットはどうすれば良いか?という

話になりますが、基本的には、上述のインプット・

トレーニングを通じて知り得た、新しい英語の語句や

表現をどんどんあなたの英語表現に取り入れて、

あなた専用の英語のセリフ(これをラインと呼んで

いますが)を作り、暇さえあれば音読トレーニングを

行うことをお薦めしています。

 

 

これがアウトプット練習におけるライティングに

あたりますね。常に、自分が言いたいこと、相手に

伝えたいこと、英会話の時にこんなことを話したら

楽しいだろうな…と思う内容を想定しつつ、

積極的に自分の英語表現を書き、音読して何も見ずに

口から出せるようにしておくのです。

 

 

言ってみればそれは役者のセリフのようなものですね。

そのようなセリフ、あるいはネタを、英会話の機会が

あれば積極的に外国人に話しかけてみて下さい。

インプットしたネタを、アウトプットするということ

です。このサイクルを作り上げることが、英語習得を

成功に導く最も重要な「鍵」と言えます。

 

 

ただ、これら一連の作業を一人で行うとなると

なかなか大変かも知れません。特に初心者にとっては

インプットの素材一つ探すのも意外と時間がかかりますし、

アウトプットしようにもどのような表現にすれば良いのか、

自分だけではなかなか判断が難しいかも知れません。

 

 

そこで、現在サマーキャンペーンで受講生を募集している

「インプット講座&アウトプット講座」のスペシャル・

コラボレーション・プログラムの出番というわけです。

 

 

このプログラムでは、あなたがインプットの練習を

する上で必要な英語の音声素材(上記のドリーのような

動画)や、読んで楽しい、興味深い英文記事などを

どんどん紹介し、さらにアウトプットに必要なさまざまな

英会話表現の定番語句・表現・フォーム(パターン)を

300以上学んで頂くことが可能です。しかも添削つきで!

 

 

詳しくは以下の特設サイトをご覧ください。

今回は実質半額で受講出来るチャンスとあって、

既に一晩で10名の方から参加頂いております。

おそらく、もうすぐ締切になりますので、気になる

方は是非今すぐにチェック(&お申込み)して下さい:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/input-output-summer2016/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年8月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ