どんな時に調子良く英語を話せましたか?そこにヒントが…

 

英語を話せるようになるには色々な

手段があるわけですが、そんな中で

あなたに最適のスピーキング術を

簡単に知る方法があります。

 

 

それこそが、あなたがこれまでに

英語を話してきた際、どんな時に

調子よく話せたか、その時の状況を

よく思い出してみることです。

 

 

日本人は全般的に英語を話すのが

不得意と言われますが、英語学習者

であれば、それでも一度くらいは

「おお、今日はやけに上手く話せるな」

と感じる日があったことでしょう。

 

 

その時のことをよく思い出してみて

下さい。なぜその時のあなたは、普段より

ペラペラと、スムーズに英語を話すことが

出来たのでしょうか?そこを詳しく分析

してみるとヒントが浮かび上がってきます。

 

 

もちろん、それは色々な理由や原因、

諸々の条件が重なって、たまたま英語を

スムーズに話せただけかも知れませんが、

少なくとも何らかのヒントがあるはずです。

 

 

例えば、人によっては英会話の前に

事前に話す内容を英語で調べておくと、

何もしていない時と比較にならない程

スムーズに話せると感じる人もいるでしょう。

 

 

もちろん、全ての英語表現を完璧に

覚えるのは不可能ですから、最低限の

単語だけでも覚えておいたら、それだけで

通じる割合が格段に増えたという人も

いるはずです。

 

 

中には、お笑いのネタを英語で仕込んでおき、

それを外国人に投げかけて、笑いを取った…

という人もいます(私の話ですが^^;)。

 

 

まぁ、その手段・方法は何でも良いのですが、

いずれにしてもあなたがこれまでに英会話で

「今日はやけに英語が話せるなぁ」と感じた

時があれば、その時のことを思い出して、

一体何が理由でスムーズに英語を話せたのか、

その「きっかけ」を分析してみると良いです。

 

 

もちろん、これは英語の聴き取り、つまり

「リスニング」においても言えることです。

スピーキング同様、どんな時にやけに良く

英語を聴き取れたのか、その時の状況をよく

思い出し、分析してみて下さい^^

きっと素晴らしいヒントを見つけられること

でしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年8月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ