英語を「勉強する」時代は終わりました!これからの時代は…

これまで私は、、、

「英語の勉強は楽しく実践した方がいい」

と提唱してきました。しかし、最近それが

間違っているのではないかと気付くように

なったのです。

 

 

そうです、英語の勉強を楽しく実践するなんて、

とんでもないことです。そんな甘っちょろい

ことで、英語が話せるようになるわけが

ありません。そもそも、英語を「勉強」すること

自体、チャンチャラおかしいことなのですから!

 

 

いいですか、ここがとても重要なポイント

ですから、よく読んで下さいね:

英語は「勉強」して身につけるものではなく、

【遊んで】身につけるものなのです!!!

…って、ちょっとビックリしましたか?^^

 

 

まぁこれは事実なので、私の話を聞いて下さい。

世の中の多くの人は英語を話せるようになるには…

あるいは、聴き取れるようになるには…、きちんと

「勉強」しなければならない…と思い込んでいます。

 

 

しかし、それはとんでもない勘違いです。

英語の勉強は、受験英語や英語の資格取得には

おそらく有効でしょう。少なくとも、そういう

方向性であれば私も否定はしません。

 

 

一方であなたが実際にネイティブ・スピーカーと

英語で意思疎通をはかったり、洋画や海外ドラマを

字幕なしで観て理解したり、あるいは海外旅行で

現地の人たちと英語でコミュニケートしたり、、、

といった「実用に耐えうる本物の英語力」を

身につけたいのであれば、英語の勉強なんかしている

場合ではないのです。今すぐに、英語で【遊ぶ】

ことをお薦めします。

 

 

実際、既に英語をペラペラと話せるバイリンガルの

日本人たちは、英語を心から楽しみ、笑いながら

話し、聴き取れるようになっています。誰も、

多くの日本人が苦しんでいるような辛くて暗い、

憂鬱な「勉強」などしていないのです。

 

 

では、一体どうすれば英語で「遊ぶ」ことが出来る

のでしょうか?どうすれば、苦虫を噛み潰したような

顔をして、いつも不機嫌な状態でイライラしながら

英語の勉強を続けている状況を打破できるのでしょうか?

 

 

この夏の新プログラムでは、そんなあなたの疑問に

ズバリお答えし、あなたが英語の「勉強」で苦しむ

のではなく、毎日楽しく、愉快に、ワクワクしながら

【本物の英語コミュニケーション能力】を学べる

きっかけをあなたにしっかりと学んで頂きます。

 

 

もう英語を「勉強」して身につける時代は終わった

のです。これからは、英語を「遊びながら」

身につける時代である…ということです。一緒に

そんなスタンスで英語力を身につけませんか?

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-action-program/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ