スネークマンショーの小林克也さんの英語発音習得法とは?

 

あなたは小林克也さんをご存知でしょうか?

日本を代表するラジオのDJでもあり、

ナレーターやタレントとしても有名ですが、

何と言ってもその日本人離れした英語の発音が、

聞く人に強烈な印象を与えます。

 

 

今、40代より上の方であれば、

その昔スネークマンショーというラジオ

番組があったのをご存知かと思います。

 

 

私は小学生の頃、YMO が大好きだったのですが

(実は今も大好きなのですが:笑)

そこでスネークマンショーのコントがあり、

小林克也さんが流暢な英語を話すのです。

 

 

アメリカ留学時代に、仲の良かったフランス人に

そのコントを聞かせたら、小林克也さんの英語が

絶対に日本人の英語ではないと言い張って

ケンカになったことがあります(笑)

 

 

それぐらい、ネイティブ・スピーカーのような

自然な英語なのですが、、、

今、YouTube で検索したらありました^^

これなんですが…

https://www.youtube.com/watch?v=e1WCXPah1_c

* 音が出ます、注意して下さい。

 

 

これ、日本人の英語ですよ?すごいですよね。

しかも時代は今から35年前…。まだネットも

パソコンもなかった時代の話です。

 

 

そんな小林克也さんが、どうやって英語の発音を

身につけたのか、気になりますよね。

 

 

実は、小林克也さんは広島県出身なのですが、

当時、米軍の岩国基地から流れる FEN

(極東放送)で、アメリカ人の生の英語の発音、

そしてエルヴィス・プレスリーなどのロック

(洋楽)を聴いて英語を学んだそうです。

 

 

小林克也さんの著書にもありますが、

英語の発音を上達させるには、英語を文字で

捉えるのではなく、音楽のように「音」で

捉えるということが何よりも効果的な秘訣である

ということです。

 

 

そして、そんな小林克也さんが実践してきたような

洋楽を使った英語の発音とリスニングの練習を

毎回楽しく実践出来る専門プログラムがこちら:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/yougaku-english-summer/

* 夏のキャンペーンは明後日までです。ぜひ、

忘れないうちに今すぐチェックしてご参加下さい。

 

 

 

渡邉 英喜

 

 

 

追伸:

今日の「洋楽英語講座」では、私の大好きな

イギリスのロックバンド Oasis を扱いました。

Wonderwall という代表曲の歌詞を読んだり、

発音やリスニングのコツや、さらにはおまけとして

カラオケで唄う時のポイントなども面白楽しく

解説しています! 洋楽を知らない方も、聴けば

絶対に知っている曲ばかり中心にお送りしていますので、

どうかご安心ください^^ マジで楽しいっすよ!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年7月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ