英語を○○で捉えるから聴き取れないし発音がヒドイ

 

日本人の英語の発音がヒドイというのは

世界的にも有名な話のようで、

かく言う私も留学時代は何度アメリカ人に

「( ゚Д゚)ハァ?」と聞き返されたことでしょうか。

 

 

あの「( ゚Д゚)ハァ?」という聞き返し方、

厭ですよねー。イングリッシュ・スピーカー

特有の、鼻にかかった感じの、完全に

バカにした(呆れた?)聞き返し方…。

おそらく日本人のあなたなら、分かって

頂けるとは思いますが。

 

 

ただ、そうは言ってもやはり日本人の英語の

発音というのは実際ヒドイんだそうです。

私の知り合いのアメリカ人は、日本人に英語を

教えていますが、やはり発音指導が一番大変だと

嘆きます。

 

 

なぜ、こんなにも日本人の英語の発音は

ヒドイのか?と言えば、それは私たちが

英語を「目」で捉えているから、なんです。

 

 

つまり英語の文字や発音記号といった

「目から入る情報」で英語の音を捉え、それを

再現しようとすることが諸悪の根源というわけ

ですね。ローマ字読みなんて、その最たるもの

でしょう。

 

 

しかし、日本人の中にも英語の発音が

グンバツ(抜群)に良い人がいます。それは

もうほとんどネイティブ・スピーカーのような

英語を喋るわけですが、そんな人たちは

英語を「目(文字)」で捉えていません。

 

 

「目」ではなく「耳」で捉えている…という

ことですね。つまり、ネイティブ・スピーカーが

口にする英語の発音をそのまま、聴こえたままに捉え、

真似しているので、発音が良くなり、また

リスニング力が驚くほど向上するというわけ。

 

 

で、この話、続きがあるんですが、、、

ちょっとメルマガでは字数が長くなりすぎますので、

続きは以下のページを読んで頂ければと思います。

特に英語の発音をネイティブのようにカッコよく

矯正・改善したい!という方は絶対に読んだ方が

良い内容です(とても重要なノウハウなので…)。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/yougaku-english-summer/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ