話せる人はこうやって英語表現を映画から拝借している!

結局のところ、英語をペラペラと、

自由自在に話せるようになった人の

秘訣を聞いてみると、、、

 

 

皆が口を揃えて、

「ネイティブ・スピーカーの英語表現を

そのまま丸ごと真似て使っているうちに

話せるようになった…」

と答えます。

 

 

もちろん留学とか、英語圏に住んでいる

とか、そういった恵まれた環境下にいる人

を除いて、ほとんどの日本人は日常的に

ネイティブ・スピーカーの英語を耳にして

いるわけではありません。

 

 

しかし、今の時代はネットがあります。

DVDだってブルーレイだってあります。

いつでも洋画や海外ドラマを使えば、

留学していなくてもネイティブたちの

最高にカッコいい英語表現を繰り返し

聴くことが出来るのです。

 

 

で、涼しげな顔をして短期間で英語を

話せるようになった日本人というのは、

そんな映画の英語をそっくりそのまま真似て

自分の会話表現に組み込んで、ペラペラ

話せるようになっているというわけです。

 

 

一方で大多数の日本人が、単語を覚えたり

文法を勉強したりして、一から全てを

自分の力で組み立てようとしています。

 

 

そんな苦労をしなくても、既にある英語

(ネイティブたちが日常的に使っている

語句や表現)をそのまま【拝借】すれば、

英語なんて2~3か月もあれば大抵のことは

話せるようになるんです。コレ本当。

 

 

しかし、そういうことをせず、多くの人が

わざわざ苦難の道、イバラの道を自ら選んで

歩もうとしています。それも、何年も、

何十年も!です。

 

 

例えば、洋画や海外ドラマを鑑賞していて

「あ、今のセリフはカッコいいな」とか

「お、今の表現を真似てみたいな」とか

思う瞬間があれば、すかさず一時停止して

ノート等に書き留めるのです。

 

 

そうやって、作品ごとにあなたのお気に入りの

語句、表現、定番の英会話フレーズなどを

たくさん覚えて、実際の会話で積極的に口に

出してみる。すると自然にそれらの言葉が

あなた自身のオリジナルの語句・表現として

身についていくようになります。

 

 

ハッキリ言ってしまえば、英語を話せるように

なる方法なんて、たったそれだけ。それ以外に

必要なことなんて何もないんです。

 

 

しかし、、、

そんな「たったそれだけ」のことが出来ず、

今夜もまた多くの日本人が「あ~あ、何もせずに

英語が話せるようになる教材はないかなぁ…」とか

「あ~あ、どっかに寝ながら英語が話せるように

なる方法が無いかなぁ…」などと、夢物語を

求めてはネット上を徘徊しています。

 

 

そんなことをしている暇があったら、

面白い映画の一本でも観て、その中にたくさん

転がっているネイティブ・スピーカーたちが

日常的に使っている語句や表現をどんどん抽出して

音読して覚えてしまった方がいいです。

 

 

「でも、やり方がよくわからない…」

それなら、この映画を使った英語習得コースに

参加してみて下さい。残り4名で募集は終了です。

やるか、やらないかはあなた次第。ぜひ、一緒に

楽しみながらチャレンジしてみませんか?

悪いようにはしませんよ(笑)

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eiga/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年7月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ