洋画の Trailer を使った英語学習のコツを教えます(2)

さて、今日は昨日のお話の続き、、、

洋画の Trailer(予告編)を使った

楽しい英語の勉強・トレーニング方法について

具体的にやり方をご説明しましょう。

 

 

例えば、今夏公開のこの映画…

ディズニー・ピクサー最新作『 Finding Dory 』

(ファインディング・ドリー)の Trailer は

こんな感じになります:

 

You’ve Found the Latest ‘Finding Dory’ Trailer

https://www.youtube.com/watch?v=MKJA-VLpiCo

* 音が出ます、注意して下さい。

* ヘッドホンを使うと聴き取りやすいです(音量に

注意して下さい)。

 

 

如何でしょうか?

さすがにナチュラル・スピードの英語ですから

最初は聴き取りが難しく感じるかも知れませんが、

毎回このような「生の英語」を耳に入れていると

自然とスピードに慣れるようになります。

 

 

逆に言えば、ゆっくりとした英会話教材のような

英語音声をいくら聴き続けていても、それより速い

スピードの英語音声はなかなか聴き取れるようには

なりません。

 

 

多くの日本人の英語学習者が、高い英会話教材を

購入して「聞き流し」のようなリスニングの練習を

行っていますが、それでいつまで経ってもサッパリ

聴き取れるようにならないのは「負荷」が不足して

いることが原因と言えます。

 

 

そこで、ディズニー・ピクサー映画のような

全世代の人々が楽しめるような、しかし日本人には

「少しだけ」早口で聴き取りが難しいレベルの

英語音声をリスニングの練習に用いると効果的です。

ちょっとだけ難易度が高い程度がベストという

ことですね。

 

 

また、このような映画の Trailer には、

短い慣用表現が多く散りばめられている傾向が

あります。なぜなら、2分半程度の中に映画の

見どころをたくさん盛り込む必要がある為です。

 

 

例えば、この『 Finding Dory 』の Trailer でも、、、

 

Did you hear that?「今の聞いた?」

I suffer from ~「(~という病気)にかかっている」

There you are.「ここにいたのか」「見ーつけた!」

Look at this.「これ見て」

That is so sad.「それは気の毒に」

I’m kidding.「冗談だよ」

 

…といった口語の定番表現が山ほど含まれています。

 

 

こういうのを映画の映像(シチュエーション)と

合わせて音と感覚で覚えてしまうこと。

そんな理想的な英語の習得を楽しく実現出来るのが

映画を使った英語学習の醍醐味というわけです。

 

 

ちなみに、今回ご紹介した『 Finding Dory 』の

Trailer の英文スクリプトを、以下のページの

一番下に【おまけ】として記載しておきました^^

ぜひ、あなたのリスニングの練習にお役立て下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eiga/

* ついでに、上記のページでは「映画を使った

楽しい英語習得プログラム」のキャンペーンを実施中

ですので、ぜひこの機会にご参加ください。残り9名のみ!

 

 

追伸:

明日はさらに詳しく、映画の Trailer を使った

英語学習のやり方・応用トレーニングについて

お話しさせて頂きます。どうぞお楽しみに~!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ