創刊10周年記念にとっておきの英会話ノウハウを教えます!

 

いつまでも英語を話せるようにならない人に、

今夜は創刊10周年記念キャンペーンの最終日という

こともありますから、とっておきのノウハウを

教えてあげましょう。

 

 

これを知れば、なぜ今まであなたが英語を

話せるようにならなかったのか、聴き取れるように

ならなかったのか、その理由がハッキリとわかる

ようになります。

 

 

今日も例によって時間があまり無いので、

先に結論を書いてしまいましょう。実は、英会話の

上達の秘訣はあなたの「無意識」に鍵があるという

ことです。

 

 

「無意識」、英語で言えば unconsciousness という

ことですが、実を言うと世の中のほとんどの偉業、

神がかった技というのは意識して行うのではなく、

「無意識」の領域で行われていることをご存知でしたか?

 

 

例えば音楽家。ものすごいスピードでピアノを

弾く人がいますが、一本一本の指の動きを意識しながら

ピアノを弾くことは出来ません。アスリートも

そうです。皆、「意識」ではなく「無意識」の領域で

感覚的に体を動かしています。

 

 

少しでも生化学をかじったことがある人なら

生物の「呼吸」のプロセスだけでも、恐ろしく

複雑な化学変化が体の中で起きていることを

ご存知でしょう。当然心臓を動かすことだって

人間は意識して行っているわけではないのです。

 

 

で、英語の話に戻りますが、あなたが実際に

英会話等で英語を話す時のことを思い出してみて

下さい。意識して英語を話そうとして上手く行った

ためしがあるでしょうか?おそらく、自分で上手く

話せたな、聴き取れたなと感じた時は、ほぼ無意識で、

感覚的に英語を操っていたのではないかと思います。

 

 

これが、実は英会話上達のすべての鍵なのです。

いかにして、無意識の状態で、感覚的に英語を話し、

聴き取れるようになるか。ハッキリ言ってしまうと、

文法や単語や発音記号といったものは、すべて

「意識」の領域のオマケみたいなものです。

 

 

そうではなく、英語を話せるようになりたかったら、

いかに「無意識」の領域に英語力を落とし込み、

より感覚的、イメージ的に英語を操れるようになるか、

そこにフォーカスする必要があるということです。

 

 

そのためには色々な訓練、方法が考えられますが、

もっともカンタンで効果的な方法を一つだけ教えましょう。

それはとても単純、シンプルな話で、出来るだけ

多くの時間、英語と接するような習慣づけを行う

ということです。

 

 

そう聞いて、「なーんだ、そんなことか…」と

思われた方。それでは、あなたは毎日出来るだけ多くの

時間を英語と接する習慣を身につけているでしょうか?

なかなか毎日英語の学習を継続することは難しいものです。

 

 

そこで、今の私が心の底からお薦め出来るのが

「ラインマスター毎日英語塾」です。この講座であれば、

毎日メール講座の形式で、その日にやるべき学習内容が

届きますので、英語の勉強の習慣づけ、ペースメーカーに

ピッタリなのです。

 

 

そうやって、毎日少しずつでも英語と接する習慣を

身につけて下さい。1週間、2週間、1か月、2か月と

続けていくうちに、徐々に「無意識」の領域で英語を

操れるようになっているあなた自身に気付くはずです。

 

 

やるか、やらないかはあなた次第。

お得なキャンペーンは今夜一杯で終了です。

1日73円を英語に投資出来る方なら、ぜひこの機会に

ご参加下さい。毎日一緒に勉強出来ることを楽しみに

お待ちしています!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster-10th-anniversary/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ