ま、そんなもんかな~で済ませられる人は英語の上達が早い

英語の上達が早い人、遅い人いますけど、

早い人に限って「大雑把」な人が多い気がします。

あまり細かいことを気にせず、何かあっても

「ま、そんなもんかな~」で済ませるタイプです^^

 

 

もちろん、そんな人は多少ルーズな所があるかも

知れません。約束の時間に多少遅れても

「まぁ、まぁ」で済ませてしまうタイプかも

知れません。

 

 

そういう意味では、几帳面な日本人からすると

「だらしないタイプ」「信頼をおけないタイプ」かも

知れませんが(笑)、こと英語の習得に関して言えば

(というか英語以外の言葉全般に言えますが)、

それぐらいの「大雑把」加減がちょうど良いのです。

 

 

例えば英会話でも、英語を聴き取れる人というのは

結局のところ「大雑把」に聴き取っています。誰も

細かい所なんか気にしていないのです。それよりは

フィーリング、勢い、感覚で捉える方が良いという

ことが分かっているわけですね。

 

 

しかし、いつまでも「聴き取れない!」と嘆いて

いる人に限って、非常に細かく、神経質になって、

重箱の隅をつつくような英語の聴き取り方をして

います。海岸の砂粒を一つ一つ数えるような(!)

細かい聴き取り方ということです(笑)

 

 

で、楽しい英会話の時に、今の表現は過去完了形に

した方が良かったのではないか?とか、今のは

三単現の S がついていなかったな…とか、まぁ

ツマラナイことばかり気にしてしまい、肝心の

英会話がちっとも楽しめずに終わります^^;

 

 

ハッキリ言って、英会話は勢いです。感覚、

フィーリングのぶつかり合いなのです。誰も

細かいことなんて気にしていません。気にしているのは

英語を話せない日本人だけです。どうか、この事実に

早く気付いて欲しいのです。

 

 

これはスピーキングにも言えることです。

細かいことにこだわる人は、「正しい英語」を

話すことに命をかけます。しかし、実際に英会話で

必要とされているのは「正しい英語」を話すこと

ではなく、勢いや感覚を大事に、楽しみながら

相手とコミュニケーションを取ることなのです。

 

 

このあたり、本当に本末転倒になってしまっている

人が多いので、これを読んでいるあなたには、

どうかもっと気楽に、大雑把に、図太い神経で

「まぁ、そんなもんかな~」という心持ちで英語と

接して頂きたいと思います^^

 

 

 

渡邉 英喜

 

 

 

追伸:

ラインマスター毎日英語塾、明日は一番人気の

リスニング講座です。さて、どんな面白い英語音声を

聴いてみようかなぁ~^^ 今晩お申込み頂ければ、

明日の配信に間に合いますから、ぜひ今すぐお手続き下さい:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster-10th-anniversary/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ