毎日、こんな英語の学習を楽しく継続するのが理想的です

 

例えばリスニング。

英語を聴き取れるようになりたいのであれば、

毎日一定の「英語の負荷」を耳にかけ続ける

ことが必須です。

 

だから、プロの通訳者であっても、毎日

一定量の英語を聞き続けます。それも

出来れば英会話教材のような「作られた英語」

ではなく、以下のような「生の英語」が

望ましいですね。

 

Tell me again why you don’t blow out the candles?

https://www.youtube.com/watch?v=16nbCf-ni5c

* 音が出ます、注意して下さい。

 

これ、わかる人にはわかると思いますが、

とーっても神経質なアメリカ人のおじさんの

「ケーキのキャンドルの適切な消し方」講座

なんです。思わず笑ってしまいますが^^

 

実は、これは今週のラインマスター毎日英語塾

のリスニングで、皆で聴き取り練習をした動画です。

もちろん、講座では英文スクリプト、和訳、解説を

詳しく記載して、詳しく学習しました。

 

数ヶ月受講していると、こんな動画の英語が

普通に聴き取れるようになるのです。やはり、

「継続は力なり」ということですね。

 

そして、スピーキング。

これはいつも言っている通り、自分専用のライン

(フレーズ)をどんどん作って覚えるのが王道的

アプローチと言えます。そんなラインには、以下

のような時事的なものを含めるのもおススメ。

 

「今夜は雨が降るかも知れないから、傘を持って行きなさい」

「梅雨の間、一番困ることは何ですか?」

「何よりも、洗濯物を部屋干しすることが厭です」

「自転車に乗れないことが最悪だね」

「まさに恵みの雨だというのに、何の不満を言える?」

 

あなたは、上記のようなセリフをパッと英語で

言うことが出来るでしょうか?ラインマスター

毎日英語塾の受講生であれば、毎日こんな時事的な

ライン(フレーズ)を英訳して覚えているので、

英会話の時にもサラッと口から出すことが出来ます

(上記は最近、実際に講座で扱ったラインです)。

 

その他、例えば今日は水曜日でしたので、TOEIC の

リスニング例題を解く練習を実践しました。

以下の音声です:

TOEIC Listening Part 2 – 1

https://www.youtube.com/watch?v=XhIG4O9eTQE

* 音が出ます、注意して下さい。

 

こんなのも、解答と解説がないとそれだけで終わって

しまいますが、ラインマスター毎日英語塾では

渡邉による詳しい解説を毎回丁寧にお送りしています。

 

また、先週のリーディングはこんなサイトの英文

記事を読んでみました。i used to believe…

http://www.iusedtobelieve.com/

 

このサイトは、子供の頃に信じていた

根拠のない話や、昔信じていた迷信などを

ユーザーがたくさん投稿している、とても

面白いサイトで、読んでいるだけで心が

ホッコリします^^

 

それ以外にも、先週の「洋画・海外ドラマ」の

紹介では、ディズニー・ピクサー最新作

『 Finding Dory 』(ファインディング・ドリー)

の Trailer をご紹介しました。

You’ve Found the Latest ‘Finding Dory’ Trailer

https://www.youtube.com/watch?v=MKJA-VLpiCo

* 音が出ます、注意して下さい。

 

講座の方では、特別に英文スクリプトを

完全掲載させて頂きましたので、リスニングの

トレーニングにすぐに活用頂くことが出来ます。

* 受講生は過去配信分を読むことが出来ますので、

ぜひあなたも今すぐチェックしてみて下さい。

 

…と、こんな感じで、毎日英語と楽しく

触れ合い続けること、それが「英語ペラペラ」への

理想的な道であるということです。今なら

受講料がなんと10%も割引きになって、さらに

amazon ギフト券1000円分を先着30名様全員が

もれなくゲット出来ます!

 

定員に達する前に今すぐチェックしてみて下さい。

いつものように早い者勝ち!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster-10th-anniversary/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ