なぜか「日本人以外」の英語学習者に大人気のコレ…

 

私がアメリカの大学付属の ESL で

英語の勉強をしたのは、既に25年も(!)

昔の話ですが、去年 ESL を見学した時は

それほど状況が変わっておらず、

相変わらず日本人が多いなぁ…と感じました^^

 

ESL のすごいところは、日本人などの

非英語圏の学生が数ヶ月という短期間で

大学学部の授業に参加出来るほどの英語力

を身につけるまで育て上げる…という点です。

 

実際、さらに特殊な ESL では、例えば

役者などの芸能人、有名人、政治家、

そしてトップクラスのビジネスパーソンを、

やはりごく短期間で完璧なイングリッシュ・

スピーカーへと育て上げます。

 

もちろん、それはネイティブ・スピーカー

との直接的なやり取りがあってのことですが、

それでもオンライン上で自由に活用出来る

ESL プログラムのサイトを見ていると、

こんなコンテンツをしっかりと学習すれば、

短期間でそこそこの英語力は確実に身につく

だろうな…と確信できるものです。

 

実際、現地の ESL でも、例えばリスニング

のトレーニングに YouTube の動画を使ったり

していますし、発音の練習のためにオンライン

の ESL サイトのゲームを活用している所も

多いです。

 

つまり、場所は違っても、オンライン上の

ESL サイトのコンテンツを使って英語の学習を

行えば、極端な話、日本にいても同じような

ESL のトレーニングが可能ということですね。

しかし、冒頭でもお話した通り、、、

 

■ 英語で書かれているので活用法がわからない…

■ 英語で書かれているので不安だ…

■ ワークの詳しい解答や解説が日本語で欲しい…

■ どのサイトを活用すれば良いのかよくわからない…

■ 自分で探して実践となると、重い腰が上がらない…

 

ということで、なかなかこれらの ESLサイトを

十分に活用出来ていない(或いは、その勇気がない)

という日本人がとても多いのです。

 

ちなみに、中国や韓国、中東や中・南米、そして

ヨーロッパの非英語圏の英語学習者たちは、

皆積極的に、これらの ESL サイトを活用しています。

 

コメント投稿が可能な ESL サイトで、日本以外の

国々の英語学習者からの質問等がたくさん投稿

されているのを見ると、日本人はなぜ活用しない

んだろう~!と非常にもったいなく感じます。

 

そこで、以下のサイトで明日まで配布中の

「ESL 活用ガイド無料レポート」を読んでみて、

あなたがもし ESL の英語学習を実践してみたい!

と思われたら、ぜひ以下のプログラムにご参加下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl_eigo/

 

このプログラムであれば、上述の諸問題

(あなたが躊躇されている諸々の理由)を

すべて解決してくれます^^

 

■ 英語で書かれているので活用法がわからない…

→ 活用法は全て日本語で詳しくご紹介します^^

■ 英語で書かれているので不安だ…

→ メール講座はすべて日本語ですから安心です^^

■ ワークの詳しい解答や解説が日本語で欲しい…

→ 解答や解説、その他注意事項も全て日本語です^^

■ どのサイトを活用すれば良いのかよくわからない…

→ あなたに代わって適切なESLサイトを毎回紹介します^^

■ 自分で探して実践となると、重い腰が上がらない…

→ 毎回「メール講座」の形で届きますので、あなたは

届いたメールを見ながら学習を進めるだけです^^

 

特に、この最後の「重い腰が上がらない」というのが、

一番のネックかも知れませんね。確かに自分で

ESL のサイトを探して、英語を読んで、そして

勉強する…というのは初心者には特に大変なハードルです。

 

そこで、私・渡邉があなたに代わって楽しい ESL サイト

を毎回ご紹介・ご案内し、日本語で学習方法を説明

しますので、あなたの負担はほとんどなくなります。

つまり、安心して、楽しみながら ESLプログラムの

「良いところだけ」を活用出来る!ということです。

 

残り若干名。もしかすると、今夜で受付が終了

するかも知れません。ぜひ、この機会に ESL による

英語学習コースにご参加下さい。とーっても楽しい

ですし、本当に英語力が身につくと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl_eigo/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ