こうやって日常生活で使う英語を覚えておくと良いです

英会話上達の極意って、結局のところ

日常生活におけるそれぞれのシチュエーションで

自分が言いたいことを英語で覚えておけば

最低限のことは伝えられるわけです。

 

朝起きて、家族にどんなことを話すか?

会社や職場に行って、どんなことを話すか?

学校に行って、どんなことを話すか?

ランチの時は?友達と遊びに行く時は?

夜、飲みに行く時は?そして家に帰ったら?

 

そんな感じで、日常生活の各シチュエーション

ごとに、自分がよく口に出しているようなことを

ひと通り書き出して、英語に訳して丸覚えして

しまう。ちょっと大変な気がするけれど、

やってみると案外楽しいものです^^

 

そうやって身につけた基本的な英会話フレーズに

枝をつけるように、より詳しい表現やあなたが

相手に話したいことを付け足していくと、

あなた専用の英会話の「木」が出来上がります。

 

結局、英会話の上達ってそういう「木」を

育てることなんですよね。だから、そういう作業を

日頃から地道にやっている人(つまり「木」に水や

肥料を与え続けている人)は、数ヶ月もすれば

普通に英語を話せるようになります。

 

一方で、そういう作業を怠っていて、

どうすれば英語を話せるようになるのかなーと、

自分でもよくわからないまま「とりあえず単語を

暗記してみたり」「とりあえず英文法の勉強を

してみたり」…そんなお門違いの作業を続けて

いても英語は話せるようにはならないのです。

 

例えば、スピーキング講座ではこんな表現を

毎回たくさんご紹介しています:

「毎日の英語:起床時」

「毎日の英語:朝食・朝の支度時」

「毎日の英語:天気予報・予定」

「毎日の英語:通勤・通学時」

「毎日の英語:掃除」

「毎日の英語:洗濯」

「毎日の英語:ランチタイム」

「毎日の英語:昼食後」

「毎日の英語:午後のひととき」

「毎日の英語:おやつの時間」

「毎日の英語:夕方」

「毎日の英語:帰宅」

「毎日の英語:夕食」

「毎日の英語:デザート」

「毎日の英語:一日の終わり」

「毎日の英語:寝る前の会話」

 

他にも、、、

 

「自己紹介」「レストラン」「経験・体験」

「バー」「得意分野・特技」「病院」「好き・嫌い」

「近況報告」 「ヘアサロン」 「癖・習慣」 「電話」

「健康問題」 「飛行機」 「食事」「バス・タクシー」 

「旅行」 「映画」「音楽」「本・読書」「自動車関連」 

「スポーツ」 「ホテル・宿泊施設」「失敗談」

「苦労話」 「成功談」 「宅訪問・招待」 「アパート」

「喜怒哀楽」「困惑・心配」 「学校」 「偶然・驚き」

「子供」 「日本について」 「残念・無念」「就職・転職」

「快感・欲望」 「職場」 「ショッピング」「ファストフード」

 

等々、とにかくたくさんのシチュエーション

ごとの定番英会話表現を、これでもか!と言う程

ご紹介しています。

 

これらのシチュエーションに合わせて、

あなたの英会話表現を英語で書き、それを

渡邉が添削させて頂くという画期的なプログラム…

それがこちらのスピーキング講座というわけです。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/easy_speaking_june/

 

 

プレミアム・コースは今夜限りで募集締切、

他のコースも残り3名、または明日で終了と

なりますので、ぜひ今すぐご参加下さい^^

あなたからのお申込みを心よりお待ちしております!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ