自分が話すことを英語で準備していないとこうなる

あなたは英会話の時に、自分が話す言葉を

事前に用意してから話していますか?

 

まぁ、これは当然の話ですが、事前に用意

していた言葉はスムーズに口から出てきますし、

用意していなければ、誰だって「えーと、

えーと…」と言葉に詰まってしまうものですね。

 

しかし、あらかじめこんなことを話そうと

考えていたことは、比較的ペラペラと、

気持ち良く話すことが出来るのです。きっと

あなたも「あ、今の英語はうまく話せたな!」

と感じる時があると思います。

 

逆に、先に何も準備していないと、

「えーと、えーと…」と慌ててしまい、

結局言いたいことが言えずじまいで

何となく消化不良な感じになります^^;

 

ここから分かることは、私たち日本人が

英語をスムーズに話せるようになるためには、

ある程度の準備が絶対に必要であるということです。

 

そこで、私が昔から推奨しているのが、

「自分専用のセリフ」…これを「ライン」と

読んでいますが、要はあなた自身だけの

プライベートな英語の言葉、表現、言い回し

を準備しておくということ。

 

これを普段から、どんどん書いて覚えて、

口に出す練習(音読)をして頂きたいのです。

 

英語を話せるようになるトレーニングとか

教材、講座は色々とありますが、最終的に

あなたが本当に英語を話せるようになるか

どうかは、結局のところ、あなた自身が英語で

言いたいことを準備し、それを頭の中に入れて

おかなくては話になりません。

 

つまり、どの道、英語を話せるようになりたい

というのであれば、この準備・トレーニングは

不可欠ということなのです。

 

しかし、難しいのは、自分で英語を準備する

ということ…。まぁ、ある程度の英作文なら

出来るかも知れませんが、実際に使える英語なのか?

正しい表現なのか?というのは、なかなか一人では

判断出来ませんよね。

 

故に、どうしても英語を書いたり、準備したり

することに消極的になってしまう人が多いのです。

これはとってもモッタイナイ話。

 

そこで、私の方でこんな最適な講座をご用意させて

頂いております:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/easy_speaking_june/

 

この講座では、何と渡邉があなたの英語表現を

直接添削させて頂きます。もちろん、英語の書き方も

一から伝授しますので、初心者の方であっても

バッチリ英語を書いて、覚えて、ペラペラ話せる

ようになりますよ^^

 

今回は明後日6月3日(金)までの3日間

(実質2日間)先着10名のみの追加募集なりますが

興味のある方はぜひ上記サイトをチェックしてみて

下さい。

 

本気で英語を話せるようになりたい!という方は

この講座の魅力を理解して頂けることと思います。

やっぱり、やることをやらなければ、英語力は

絶対に身につきません。本気の方だけ、一緒に

やってみませんか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ