英語の引き出しの数はこうやって増やしましょう

英語でも日本語でも、話し上手な人は

話題の「引き出し」の数がとても多いですね。

とにかく色々なことを知っているのです。

 

こちらが最新映画の話題をふれば

「あ、それ知っている。○○が監督だよね~

この前観たけど、とっても良かったよ」

なんて感じてすぐに対応してくれます。

 

そして、別の話題、例えば洋楽の話をふれば

「そうだよね~、最近は○○よりも

××の方が売れてるよね。今度来日するから

ライブ観に行くんだ~」のようにサッと

話題を転換出来るのです。

 

こういうのは頭の回転の速さなのかなぁ~とも

思いますが、実際のところは普段からの

情報のインプット量の多さに起因するものでは

ないでしょうか。

 

当然ですが、インプットしなければ

アウトプットは出来ません。人は自分が知らない

情報を口から出すことは出来ないのです。

 

全て、普段の生活の中で色々なことに首を

突っ込んで(表現は悪いですが^^;)、情報を

どんどんインプットしているということですね。

 

その時大事なのが「好奇心」です。日常生活

の中で、ちょっとした出来事やニュース、情報を

「面白いな」と思って首を突っ込んでみる気持ち、

遊び心とか探求心とも言えますが、そういう

積極性があると話題の引き出し数もどんどん増え

ます。

 

一方、俗に言う話し下手の人、あまり会話が

得意ではない人は、普段から積極的にインプットを

行っていない傾向があります(稀にインプットは

行っているけれどアウトプットが苦手という人も

いますが…)。

 

普段から色々なことに興味・関心をもって

積極的に情報を収集したり、調べたり、あるいは

実際に見たり、聞いたり、試してみたり…という

ことを習慣づけている人は、とにかくインプット量

がハンパなく多いので、その分話題も豊富になり

結果的に話し上手・会話上手となるというわけです。

 

これは日本語でも英語でも同じ話。

ぜひ、あなたが英会話でもっと色々なことを話して

みたい、あるいは外国人の話題について行きたいと

思われているのであれば、毎日のインプット量を

2倍、3倍…と増やしてみて下さい。

 

たったそれだけで、英会話力はグンと向上するもの

です。問題は、知っている単語の数とか、文法の

知識量ではなく、「インプットの量」=「引き出しの

数の多さ」にあることを知っておいて下さいね^^

 

追伸:

そんなわけで、ラインマスター毎日英語塾と

インプット講座のスペシャル・コラボ・キャンペーンも

いよいよ残り5時間で終了。ぜひ、この機会に積極的に

参加して、毎日の英語のインプット量を最大限に

高めましょう!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster-input-cc/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ