「英語を話している自分」を常に意識しよう!

少しでも英語を話すことが出来たり、

自分が言っていることを外国人が理解してくれたり、

あるいは相手の言っていることが理解出来たり、、、

そんな「英語を話している自分」に気付く瞬間は、

とても気分が良いものですね。

 

「あ、今オレ英語を話しちゃってるな…」

「あ、今あたし英語を話しちゃってるわ…」

なんて感じで^^

 

そんな時のあなたは、おそらく自信に満ちていて、

楽しくて、前向きで、それこそ何をやっても

うまく行くような気分になっているはずです。

 

しかし、英語をうまく話せなかったり、

しっかりと聴き取れずに慌ててしまったり…

そんな時のあなたは、多分「自分はダメだ」と、

かなり弱気になっているかも知れません。

 

この前向きな気持ち、つまり百万の味方を

得た思いの時のあなたは、英語力がマックスの

状態になっているのです。もしかすると、

マックス以上、200%も300%も予想外の力を

発揮している状態と言えるかも知れません。

 

一方で、「どうせ聴き取れない」

「俺なんかに英語は無理だ」「私なんてダメ」

と、弱気になっている時は、あなたの本来の

英語力の数%しか活用出来ていないのです。

 

では、どうすれば自分の英語力を200%も

300%も活用することが出来るようになるでしょうか。

そのためには、常に「英語を話している自分」を

強く意識すると良いです。これはアスリートが

セルフ・イメージを高めるのと同じことですね。

 

試合の前に「絶対に勝てる」あるいは、

「実際に勝っている」自分自身を強く心に

想い続けます。そのイメージが、絶対的な自信

となって、あなたの潜在的な力を200%も300%も

引き出してくれるというわけです。

 

したがって、一度でも英語を話して通じた!とか、

聴き取れた!といった嬉しい成功体験があるならば、

常にその時のイメージ、あなた自身の姿を想像し、

いつでも前向きに「出来るんだ!」と言い続けると

良いです。

 

そのような「英語を話している自分」

「英語を聴き取っている自分」というプラスの

イメージが、結局のところあなたの行き着くべき先、

ゴールというわけです。それを常に意識することが

大事なんですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ