何でも「やってみた!」という人が結果を出せます

冒頭でもお話した通り、このメルマガの

読者でもあり、また「ラインマスター毎日

英語塾」の受講生でもある方が、この

連休中に映画を使った集中的なリスニング・

トレーニングを実践されました。

 

連休の三日間、大好きなスター・ウォーズ

を観まくった…という、シンプルなリスニング

トレーニングですが、その効果は大きかった

ようです。

 

まず、集中的に英語漬けの環境に身を置くと、

私たちの脳は「うわ~!英語ばっかだ、

どうしよう~!」とパニック状態に陥ります。

 

そこで英語のインプットを止めずに、

さらに大量の英語のシャワーを浴び続けると

どうなるのかというと、まさしく脳が

「降参」するのです(笑)

「うわー、まいった!もう降参です」と。

 

で、脳が降参すると、脳の中には潔く

「英語を言葉として理解する回路」が開きます。

言ってみれば、集中的な英語音声のシャワーは

この回路を半強制的に開く儀式のようなもの

なのです。

 

で、その英語脳の回路が開いた状態で

TOEIC(R) テストのリスニング例題なんかを

解いてみると…アラ不思議、あんなに聴き取れ

なかった英語が、やけにゆっくりと、クリアに

理解出来るようになります。

 

頭の中に英語を言葉として把握する回路が

出来上がったので、これまでのあなたとは

違う…ということです。まさに、バイリンガル脳

の第一歩を踏み出したということなのです。

 

こういう体験は、「やってみた人」にしか

わかりません。こうやって私がメルマガで

クドクドと書いているのを読んで、

「へぇ~すごいな」とか「えーホントかな?」

なんてハナクソをほじりながら(失礼!)

ボーっとしているだけでは何も始まらないのです。

 

これは英語だけでなく、他のどんなことにも

共通して言えることですが、何事でも結果を出したり、

成し遂げたり出来るという人は、とにかく

「行動」が早いです。思い立ったらすぐにパッと

行動に移せるのです。

 

もちろん、その分失敗することも多いでしょう。

しかし、多少の失敗を恐れず、常に前向き、

積極的、プロアクティブに行動を続けられる人は

必ず夢や目標を達成出来ます。この世の中は

そういう仕組みになっているのです。

 

この連休中、あなたは英語の習得に関連する

「行動」を何か起こしましたか?

まだ何もやっていない…というのであれば、

ぜひ最後の一日、何か新しいことに挑戦して

みて下さい。どんなことでも「やったもん勝ち」

なのですから!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ