英会話はこのプロセスを省略出来るかどうかが鍵なんです

先日、家中にスティッキー(付箋)を

貼りまくる英語習得法についてお話した所、

「楽しそうですね!やってみます」とか

「既にやっていて、とても効果的です!」

といった嬉しいコメントを頂きました。

 

この付箋を貼りまくる英語習得法が

なぜ効果的なのかと言うと、これを実践

することで英会話における、ある「余計な」

プロセスを省略することが出来るようになるから

なんですね。

 

その余計なプロセスとは何か?と言いますと、

「頭の中での翻訳」というプロセスです。

英語を日本語に、日本語を英語に…という

余計なプロセスのことです。

 

具体的に言えば、英語を聞いて、それを

頭の中で英文を読むように翻訳して、

日本語で理解する。ここで「翻訳」という

プロセスが余分というわけです。

 

逆のケースでは、英語を話そうとする時に

頭の中でまず「日本語」を思い浮かべ、

それを「英語」に翻訳し、それから英語を

話す…。そういう人は多いと思いますが、

その翻訳プロセスもハッキリ言うと邪魔です。

 

英語を話せる人、聴き取れる人というのは

そのような「翻訳のプロセス」を極限まで

省略しています。つまり英語を聞いたら、

そのまま翻訳というプロセスを介さずに

理解してしまうわけですね。その逆も然り。

 

では、どうすればそのプロセスを省略出来る

ようになるのか?という話ですが、そのために

スティッキー(付箋)を使った英語習得法が

役に立つのです。

 

家中の物に付箋を貼り、その「物」を目で見て、

即座に英語を口から出す習慣をつけることで、

いちいち日本語で確認してから英語に翻訳する…

というプロセスを省くことが出来るようになります。

パッと見たら、その映像・イメージで英語が即座に

出る習慣をつけるのです。

 

最初のうちは、日本語→英語の変換が必要ですが、

そのうち慣れてくると、頭の中で思ったことが

そのまま英語で表現出来るようになります。

言ってみれば、そういう「回路の短縮」こそが

英会話上達の鍵なのです。

 

ネイティブ・スピーカー相手に、よりスムーズに、

スピーディーに英語を話したり、聴き取ったり

出来るようになりたかったら、ぜひそんな

「翻訳プロセス(余計な回路)の省略」を意識して

日々の英語学習を続けてみて下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ