家中に英語を書いた付箋を貼りまくるとこうなる

 

面白い英語習得法があります。

英語では Sticky と言いますが、

いわゆる「付箋」「ポストイット」という

ペタッと貼れる紙がありますよね。

 

あれに、何でもかんでも英語を書いて、

それを家中に張りまくるという

若干クレイジーな英語習得法です(笑)

 

ただ、これが非常に効果的で、

日常生活そのものを「英語学習」の

きっかけにすることが出来るのです。

例えば、単語を覚える時…。

 

玄関から家に入って、目に見えるもの

全てを英語で言えるか確認してみて下さい。

「下駄箱」は?「玄関マット」は?

「傘立て」は?

 

英語にある程度自信がある人は

およそ日常英会話などでは使いそうにない

難解な単語を何百と覚えていますが、

意外とこういった日常生活に密接な語彙を

知らないことが多いです。

 

そこでスティッキー(付箋)に英語を

どんどん書き込み、下駄箱(靴箱)でも

傘立てでも、わからなかった対象物に

片っ端から貼り付けていきます。

 

これで、それを見る度に英語を確認して

いると、アラ不思議、1週間もしないうちに

家中のほとんどの物を英語で表せるように

なります。

 

同様に、名詞だけでなく、あなたが

英語で言いたかったけれど上手く表現

出来なかったようなフレーズ(ライン)も

付箋にどんどん書きこんで、その辺に

貼っておくと、面白いように覚えることが

出来るようになります。

 

例えば、冷蔵庫に

「今夜の夕飯のおかずは何にしようかな?」

なんていう独り言系ラインを英訳して

貼っておきます。そして冷蔵庫を開ける度に、

その英語を音読するわけです。

 

「牛乳の賞味期限はいつまでだったかな?」

とか、

「スーパーで買わなくちゃいけないものは?」

とか、、、

 

まぁ、何でもいいんですが、そんな日常の

独り言を英訳して貼っておく。それを

事あるごとに繰り返し音読するのです。

そして、覚えたら付箋を捨てて、また新しい

ライン(フレーズ)を書いて貼っておく。

 

この繰り返しで、日常生活のさまざまな

表現を英語で口に出来るようになります。

ちょっとバカバカしいようにも思えますが、

実際には非常に効果的な英語習得法の一つと

言えます。

 

ぜひ、ゴールデン・ウィーク中に暇があれば

試してみて下さい。必要なのは付箋とペン、

あとはネットの無料辞書だけです^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ