なぜ日本人は英語を口に出す練習をしないのか?

日本人は英語を話すのが苦手…というのが

世界の常識になりつつあり、ちょっと悲しい気が

します。しかし、私の知り合いの外国人に聞いても

皆「日本人は英語が苦手!」と答えます^^;

 

で、何故こんなに日本人は英語を話すのが

苦手なのかなぁ~と、色々と考えるわけですが、

やはり一番の問題は「英語を口に出す」練習を

あまりしないからなのではないかと思うのです。

 

実際、家で英語の学習をしている人も、

英語を「読んだり」「聴いたり」あるいは

「書いたり」はしていますが、実際に英語を

「口に出す」練習を行っている人はとても

少ないようです。

 

その理由は、単に恥ずかしいからなのか、

大声を出すと近所迷惑になるという住宅事情から

なのか、定かではありませんが^^; 大きな声で

英語を発話する練習を行っている人はとても

少ないのです。多分あなたもそうなのでは?

 

ただ、英語だけに限らず、言葉を学んで

話せるようになるためには、絶対に「口に出す」

練習を行う必要があります。それは発音に慣れる

ためでもあるし、口に出すことで脳を刺激する

という効用もあるからです。

 

面白いことに、英単語を覚える時に、ただ

黙読しながら覚えるのと、大きな声を出して

覚えるのでは量と記憶保持の期間に大きな

差が出ます。口に出して(出来れば例文丸ごと)

覚えると、脳を刺激するので記憶に定着しやすく

なるのです。

 

もちろん、発音の練習にもなりますから、

口の周りにある「英語を話すための筋肉」が

発達するようになります。これは洋楽をカラオケで

唄い続けると鍛えられる筋肉で、口の両脇が

ポコッと膨らむようになります。これが出て

来ると、発音が良くなると言われています。

 

英語を話せるようになりたい!

発音をネイティブのようにカッコよくしたい!

と思われている方は多いのですが、実際に

英語を口に出す練習をしているのかといえば、

ほとんどの人が実践していません。それを

とても矛盾していると思うのは、私だけではない

はずです。

 

あなたが英語を話せるようになりたいので

あれば、英語を口に出す練習を積極的に

行ってみて下さい。また、そのためには

洋楽を使った練習がとても効果的ですので、

ぜひこの機会に以下の新コースにご参加下さい^^

とてもおススメです!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/yogaku-english/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ