普通のことを普通にする【リスニング上達のコツ(1)】

 

シリーズでお届けしている、

「普通のことを普通にする」というお話。

今日はリスニング上達のコツについて

ご紹介したいと思います。

 

英語の聴き取りが苦手…という方は

本当にたくさんいますが、これもやはり

私に言わせれば、「普通のことを普通に」

していれば、誰だって英語を聴き取れるように

なるんです。

 

リスニング力をどうしても上達させたい

という人は、まず自分が「日本語」を

どうやって聴き取っているのか、その聴き

取り方を意識してみると良いです。

 

これはまさに、あなたが普段の生活で

どんな感じで日本語を聴き取り、理解して

いるのかを、ちょっとだけ考えてみれば

良いだけの話なのです。

 

そして、日本語を聴き取る時の方法と、

英語を聴き取る時の方法と、大きく異なる

点があると思いますが、それが一体何なのか

紙にでも書き出して、それらの違いを本気で

確認するようにして下さい。

 

もしかすると、こんな違いに気付くかも

知れませんね:

1.日本語は厳密に聴き取ろうとしていないが、

英語は厳密に聴き取ろうと、力が入ってしまう。

2.日本語は大体聴き取れれば理解出来るが、

英語は少しでも聴き取れない箇所があると

気になって仕方がなくなる。

3.日本語は文法なんか意識せずに聴き取って

いるが、英語は文法等の細かい所に意識が行く。

 

こうやって、あなたが日本語を聴き取っている

時と、英語を聴き取っている時の明確な違いに

ついて分析してみるのです。すると、そこに

「あなたが英語を聴き取れない原因」が

ハッキリと見えてきます。

 

簡単に言ってしまえば、あなたが日本語を

聴き取っている時と同じ感覚で、英語を

聴き取るようにすれば良い…というだけの

話です。極めてシンプルで、わかりやすい話

ですよね^^

 

しかし、英語のリスニングとなると、どういう

わけか、多くの日本人が力を入れ過ぎたり、

妙に構えてしまったりして、結果サッパリ

聴き取れるようにならないのです。

 

リスニングにおける「普通のこと」、さらに

核心部分については明日のメルマガでお話ししたい

と思います。どうぞお楽しみに~!^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ